ハイエンドショウ2009Spring

closeこの記事は 7 年 6 ヶ月 20 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 行って参りました。ハイエンドショウ2009春!

 …正直,オーディオって未来が暗いなぁと思わざるを得ない状況が参加者にひしひしと伝わってくるイベントとなったようで,大変興味深かったです。

 さて,そんなわけで,ちょっと気になったブースについていくつか。

▼完実電気
 個人的に関心が高かったPS AudioのPerfectWaveシステムですが,完実電気のブースの方は社員同士での会話に熱心な状況で,ブースに立ち寄った参加者にきちんと自社製品を説明しようという心構えをお持ちでないようで残念でした。
 パンフレットも何もなく,販売価格も販売時期も未定ということで,売る気がないのかもしれません。

▼イー・エム・ティー
 廉価版のモデルが出るようですが,スロットインのドライブになってしまうようなので,PCオーディオに執念を燃やす方には全く受けないのではないかと思います。

▼ポニーキャニオン
 エンジニアの方がいらしていたようで少々お話させていただきました。HYPS(ヒップスと読むらしいです)の限定版を販売していましたが,どうやらメモリーテックからガラスCDを作ろうという話も出ているようです(ただ高額商品になってしまうので販売することに心理的抵抗があるとかw)。
 プレスにはかなりこだわったようで,工場だけでなく,プレスするラインも厳選したそうです。こういうプレスのラインを選ぶという話は,それだけで聞くと素晴らしいこだわりだと感じられますが,反面プレスのラインを選ばないCDというのは品質にばらつきが出るということなのかとも思われるので,難しいところですね。
 少なくとも,エンジニアの方のお話を総合するに,HYPSの企画に携わった方々はプレスで音が変わるということについては肯定しているように理解しました。

 なんだかテンションが下がってしまったのか,あまりよい感想がないのが申し訳ないです…。うーむ。

ハイエンドショウ2009Spring」への2件のフィードバック

  1. AVCTNEGY

    こんにちは;
    私も金曜日、開会直後に行ってきました。寂しいというか何がハイエンドか? 私の場合、金額がハイエンドなのがハイエンドとは思いたくなく、ハイテクノロジー(決して新しいではなく)を知りたいと思っていますが、それも無く。音だしされている音は私の耳でもドンシャリではないかと思える音を良い音でしょと言われても困るなと言った具合でした。私の成果といえば、以前一緒に仕事をしていた方、お二人に会えたことでした。
    私も最近ブログを書いています。内容は??ですが・・・

    返信
  2. えるえむ

    AVCTNEGYさん,コメントありがとうございます^^
    まぁ,名称については誰しも疑問に思うところではあると思いますが,参加者は名称で参加するかどうかを決めるわけではありませんから,難しいところでしょうね。
    技術力と製品がきちんと結びついているのが感じ取れるのは,オーディオデザインさん,六本木工学さんでしょうか。
    ああいったイベントスペースを共用で使ってデモをするというのは結構難しい気がしますね。もう少しブースが狭いとか区切られているといいのかもしれませんが…。

    BLOGはRSSリーダーに登録して拝見しています。BLOGは長く続けるのが一番のポイントだとおもいますので,息が切れないペースで更新されるとよいのではないでしょうか。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">