220HT勧めたものの…

closeこの記事は 6 年 9 ヶ月 19 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 昨日のエントリに関連して。Abeeのサイトを改めて読み返してみたのですが,なんとR10も220HTも既に直販は終了しており,雰囲気的に流通在庫のみのようです。新バージョンが出ればよいのですが…。というわけで,改めてケースを選定し直さなければならないようですね(苦笑)。

▼PCケースの選び方
 まず,PCオーディオ用ケースで私が検討する点は,堅牢なアルミ筐体であること,Premium2が内蔵できること,リッピング時のドライブ由来の振動に強い構造であること,リベットが少ないこと・メンテナンス性が高いこと,静音性と冷却性のバランス,といったところでしょうか。結局全ての点で最高なケースなんてものはないので,総合的に判断する他ありません。
 以上の点を踏まえて検討してみると,ケースに使えるものってそう多くはないと思います。今はほとんど話題にならなくなったJapanValueを除くと,国産ケースではabeeしか事実上選択肢がないですし。
 そんなわけで,以前リッピングマシンを制作した際にはコスト面とコンパクトさを求めたのでAbee R10を使ってみたわけですが,リッピングマシン用途ですと不満が出てくるのは前回のエントリの通りです(涙)。
 そこで,大ざっぱにAbeeのケースでめぼしいものをピックアップしてポイントを挙げてみました。

▼おおざっぱな各ケースの特徴
【Abee R10※既に流通在庫のみかも?
 なるべくコストを抑えたい,可能な限りコンパクトな筐体にしたい,少しでも強固にM/Bを固定したい
【Abee T20
 MicroATXケースなんだからフルサイズに近いのは嫌だ,リッピング時のHDDへの振動は極力減らしたい,少しでも強固にM/Bを固定したい
【Abee 220HT※既に流通在庫のみかも?
 筐体のサイズは大きくても構わない,リッピング時のHDDへの振動は極力減らしたい,HDD2台では収まりきらない程の音楽データを格納したい,底面吸気の電源ユニットを使いたい

▼結論
 まず,とにかくコンパクトに作りたいという方は今の内にR10を,沢山HDDをいれてしまいたいという方は220HTを早めにPCショップでお買い求めください。代替になる(ほぼアルミ製)PCケースは今のところ知りません…。
 また,T20も推奨PCケースとしておすすめできそうです。むしろつぶしがきくかも?
 といいますのも,実物を全て見たわけではないのであくまで予想ですが,筐体の剛性はおそらく220HTよりT20の方が高いと思われるからです。あとHDDのマウンタが全て取り外しできるので,マウンタだけ自作するという選択肢があるのも良いですね。
 ちょっと心配な点があるとすれば,Premium2は比較的奥行きの長いドライブであるため,そのままATX電源を使おうとするとちょっと配線が難しいかもしれないという点です。この点については,PSUブラケット(大)を使えば,ATX電源の設計によっては底面吸気ファンとブラケットが干渉することもあるかもしれませんが,少なくとも配線の取り回しで困ることはなくなると思われます。

 以上,PCオーディオ的Abee製ケース選びでした。
 うーん。私はT20に作り替えようかな?。どなたかR10譲って欲しいという方いらっしゃいますか?ブラック,ねじ総交換(非磁性化),ガラスコート済み,簡易的な防塵対策済みのものです。価格は要相談ということで,ご関心のある方はお問い合わせよりご連絡ください。

220HT勧めたものの…」への2件のフィードバック

  1. messa

     こんばんわ。私もコンパクトで使えそうなアルミケースという条件で、去年散々探してR10を購入しました。普通のPCケースに比べるとお高いですし、(当時は)秋葉を回っても店頭で売っているとこがなかったので実機も見られず、ダメもとで直販で購入しました。通気口とか改善して欲しいとは思いますが、それ以外は普通に良くできていると思います。

     個人的にはバージョンアップ版の発売を期待していたんですが、製造中止は残念でしたね。

    返信
  2. えるえむ

    messaさん,コメントありがとうございます^^
    R10良いケースなんですけどねぇ…。コンパクトさと音質を両立するならLynx載せておしまい!って感じでしょうかw
    JapanValueのケースは良いのですが,出すのが早すぎましたね。あと3年ずつずれてればすごく良いタイミングだったろうになぁ…。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">