ピットジッターとクロックジッター 5ps

closeこの記事は 7 年 8 ヶ月 29 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

▼CDとバイナリは一緒なはずのCD-Rの音が違って聞こえるのは何故?
 このようなCD-Rを取り巻く状況のなかで,アマチュアであるにも関わらずピットジッターとクロックジッターの関係について実証的に検証した方が登場します。なんと今から10年も前の1999年のことです。

音楽CDの音質とジッタの関係のナゾ(CDの神髄編)
音楽CDの音質とジッタの関係のナゾその2(原信号特性編)
音楽CDの音質とジッタの関係のナゾその3(ジッタ変動とスタビライザーX編)
音楽CDの音質とジッタの関係のナゾその4(みんなでジッタサウンド編)
音楽CDの音質とジッタの関係のナゾその5(ジッタの電源ライン波及編)
音楽CDの音質とジッタの関係のナゾその6(緑に塗ったりカットしたり編)
音楽CDの音質とジッタの関係のナゾその7(ジッタの影響はDACか?アンプか?)
音楽CDの音質とジッタの関係のナゾその8(ジッタ量とエラー訂正頻度)
音楽CDの音質とジッタの関係のナゾその9(TE信号とエラー信号記録法)
音楽CDの音質とジッタの関係のナゾその10(山本式メカニカルダンパー変造)
CD-Rのジッタとメーカーの言い分のナゾ

 山本さんのご本業は医師のようですが,どういうわけかアマチュアのオーディオファンのなかで何かしらものすごいインパクトを与えることをする方というのは医師の方が多いですね。凝り性な人種ってことでしょうかw
 それはさてき,本業とほとんど関係がないオーディオ分野において,ジッターについてここまで実証的な検証をされている記事は未だに無いでしょう(最近ですとたもそさんのサイトが非常に面白いですが)。
 何が凄いって,基盤から各種信号を取り出して,信号の周波数成分とピットジッターの関係性をみているという点です。私なんぞは原理的にはこうで実際にはこういう問題点が考えられるとご紹介するだけで,全く証拠の一つも出せていない状態なのがお恥ずかしい限りです。

 上掲URIの記事は,ピットジッターと読み取りエラーの関係,ピットジッターとクロックジッターの関係,ピットジッターと電源汚染の関係について,正面から検証されており,未だに資料的価値が非常に高いものです。以前ご紹介したkittさんのA-1 DRIVEと併読すると理解が深まるのではないかと思われます。

▼ポイント
 山本さんのご見解を簡単にまとめますと…

・CDPによってはCDの偏芯や反りの影響がアナログ出力に現れていることがオシロで観測できるものがある。
・電源のノイズの周波数分布はジッタ信号源とピークがそっくりである。
   ↓
・CDは偏芯や反り,外乱に敏感で,その影響はピットジッターとして現れる。
・ピットジッターはスピンドル駆動系やサーボ系を通じて”ジッタによる回転ムラの輪廻”を生じ,それは電源ラインに大きな電流変動をもたらす。
   ↓
・電流揺動による影響はアナログアンプのLine出力までの間に混変調歪みを生じさせるが,DACのクロックジッターへの影響は比較的小さい。
・原信号上のジッタの量とエラー訂正頻度との関係をみると,現信号上のジッタが相当程度多くともC1およびC2のエラー訂正はほとんどの場合成功し,他方,通常の訂正が失敗する場合は,肝心のPLLもフレーム検出もサーボ類も全滅する。

▼時間がない人向けの更なるまとめw
・市販CDレベルのピットジッター程度では,エラー訂正は完璧に行われるので,バイナリが不一致になることはまずない。
・ピットジッターが多いディスクは駆動系やサーボ系に負担をかけるため,これが電源ラインに電流変動を起こす。
・電流変動によって,サーボ等の動作に応じた混変調歪みがアナログ信号を汚す。また,クロックジッターへの影響も皆無ではない。

といったところでしょうか。内容の正確性を求める方は必ず原文をご参照ください。

▼早すぎると宣伝力が物を言う
 10年前にこのような指摘が既になされていたことは驚きですし,当時としては話題が早すぎてかなりの数の方がついて行けなかったのではないかとおもいます(私も数年前に読んだときはイマイチ分かりませんでした…)。

 このような早すぎる技術をアピールできずに終わるケースは日本の企業にはよく見られますね。Victorのトラポ+DACのシステムなんて90年代としては技術的にかなりの高水準であったにも関わらず,その利点はほとんど伝わらずに生産を完了してしまいました(苦笑)。
 悲しいことに,山本さんもkittさんもオーディオにはもうほとんど興味が無くなって仕舞われているようです。そりゃ,オーディオを取り巻く環境はほとんど進歩していないのですから,当たり前かもしれませんが…。

 すいません。もうちょっとだけ続きますw

ピットジッターとクロックジッター 5ps」への2件のフィードバック

  1. freestyle

    このページ、随分昔に読んだ覚えがある!
    ありがとう懐かしかったです。私も当時なんのことか分からなかった。

    当時の興味事といえば、
    「ATAPIのCDRドライブは使い物になるか」
    の記事。忘れてました。この記事を読んでATAPIに移行した覚えがある。つい最近までパイオニアのSCSIドライブを大事に取っていたりして・・・。
    PlexterのATAPIとどっちがいいのだろうと、しばらく悩んだりしていた頃が懐かしい。
    脱線してすみません。

    返信
  2. えるえむ

    freestyleさん,コメントありがとうございます^^
    いやー,10年前にWordsyncもない時からこの話題をするっていうのは凄い事だと思います。本当に。

    freestyleさんのコメントで,SCSIドライブのためにAdaptecの2940Uを買いに秋葉のジャンク屋にいったのを思い出しましたw

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">