60Hzに嫉妬

closeこの記事は 8 年 5 ヶ月 26 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 いやー,60Hz地区は音がいいですねー。最も違いが顕著なのは透明感でしょうか。とても同じ機器とは思えません。その分密度感というか厚みみたいのが出しにくいようですが…。それにしてもなぁ…。

 今度から60Hz地区の方のインプレは60Hzであることを考慮して読まないと駄目ですね。逆に,60Hz地区の方は,50Hz地区の方のインプレを電源環境があんまりよくないんだろうなと考慮されつつ読まれると良いと思います。
 なんとなーく,このあたりの電源事情から,東西で機器のチョイスや流儀が別れてくるのだろうなーという気がいたしました。同じ日本でも電源的には違う国みたいなものですね。いやはや,不勉強でした。

 はぁ…。これを解決するにはPS Audioの旧PowerPlantを買うしかないのでしょうか…。そういえば,光城精工のArayも60Hzでしたっけ。なんにせよ,悲しいことです…(涙)。

60Hzに嫉妬」への1件のフィードバック

  1. ミミガー

    えるえむさん、はじめまして。来ちゃいました(笑)
    と言っても、こちらは3年以上もずっとROMしてますし(=PCオーディオ暦です)、
    何かとお騒がせしておりますので、私の事もよくご存知かと思います(爆)
    此度はひどいインターネットだなぁとしかw。目的は十分に達せてるので、別にいいんですけど。
    その点、えるえむさんは私(30代前半)と年齢も近いし、ねらー同士ですし、
    某所ほどの隔絶した「溝」も無く、流儀は違えど、あらぬ誤解や軋轢は生じないかなと…。
    脳内BGMに「ターミネーターのテーマ」を流したりしなくても大丈夫ですw
    御多忙かと思いますが、過去ログの中でも特に興味深いココにコメントさせて頂きます。

    さて、ウチは60Hz圏です。電源環境や良好なアースの可能な環境というのは、
    厳然と存在する「格差」だと思います。機器の価格差なんかより大きいと思ってます。
    私はアースアースとずっと言ってましたが、東京都民の皆様には衝撃的な事があります。
    なんと、地下変電所が157箇所もあるらしいです。(※ 都市伝説かもしれませんw)
    お寺や保育園の下によくあるそうで、地上には殆ど電磁的影響が出ないそうです。
    変電所が丸ごとアースされているわけで、どんな影響が地下界に出るのかは未知数です。
    輻射されるエネルギーは全部、地電流か熱になっちゃうのかな…??
    それならアース消極・否定論者のよく言う「都会はアース電位が不安定」という言説も
    アリなのかも?とも思えます。この言説はどこまで裏が取れてるのか疑問ですが。
    接地抵抗は天候や気温で変化します。これと切り分けが出来てるのかな?と。
    (参考サイト:http://www.kanae.co.jp/kouza/etc/18-1.html)

    Macを御愛用という事で、これを究極に追い込んだらWinより「ツオイ」のか興味津々です。
    でもアメリカ生まれのマシンは、アース環境がインフラとして整っている環境でイチから設計
    されているので、アースして初めて、所定のEMC性能というかスタートラインに立てると
    思うのです。ついでにアメリカは全土が60Hz圏というのも、実は関係ありそうな気がします。
    モーター・トランス系など電磁誘導が関わるものは、産地の電源周波数に依存してたりします。
    とかく電磁的な仕様は、その産地になるべく合わせたほうが、本来の性能が出るみたいです。
    私はBTX仕様の米製の電源・M/B・筐体で自作しているので、最適化できてるようです。
    (正直にDELLって言えばいいのにw。60Hz圏なら、DELLのパーツで自作はお奨めです。)
    本当に東京はアース事情がキビシィのでしょうか。だとしたら、首都という文化や情報の
    発信地として、それは日本にとって、とても不幸な事態なんじゃないかと思うのですが…。
    立場上カラミにくいでしょうが(笑)、全く急ぎませんので、お考えを御聞かせ頂ければ幸いです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">