ACケーブル

closeこの記事は 9 年 4 ヶ月 3 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 最近自作ケーブルの割合がどんどん上がってきてます。うーむ…。

 サブは現在TARA Labsの複数の切り売り線を比較試聴中。2芯と4芯の違いをまずは聴いてみようかと。プラグで絶妙に音の印象が変わるので,結構難しいです。ブランドの組み合わせが同じでも,オスとメスを入れ替えるだけで音も変わりますし…。

 メインシステムは,DHLabsという超マイナーなブランドのものが少々,オヤイデブランドのものが半分,DIVASブランドのものが少々,といったところでしょうか。オヤイデの線は独特の音色がありますが,私の場合は加工して使うので,オヤイデのケーブルは非常に高いコストパフォーマンスを誇ると思っています。

 メーカー製ケーブルといえば…。あ,Spケーブル買い替えました(汗)。

ACケーブル」への2件のフィードバック

  1. Macindows

    おっとまたニアミスでしょうか。大半はmogamiですが、DHLabs(ですよね)のRevelationを一部に使っています。
    Spケーブルは、米国の超有名ブランド(?)RadioShackの18AWG単線(18mで$4!)でコストパフォーマンスは最高(Sterephile誌のお墨付き)です(笑)。

    返信
  2. えるえむ

    Macindowsさん,コメントありがとうございます^^
    ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。<DHLabs
    単数形と複数形をきちんと意識しないというのは日本人ならではの事なんでしょうか?(笑)
    All your base are belong to us !

    大変な理論家であるMacindowsさんと選択が似てきている(?)というのは,出来の悪い私でも,がんばればなんとかなるということかもしれません^^;
    Spケーブルは,19日付のエントリをご覧頂ければ若干わかるとおもうのですが,色々とありまして,ころころ入れ替わっております(汗)。

    最終的に落ち着いたところは…それは今後のエントリのお楽しみということで♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です