スペック的に良いATX電源の見当をつけてみる

closeこの記事は 6 年 4 ヶ月 15 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

Corsair HX520 PSUweb拍手でもコメント頂きましたが,ちょうどSONYの金井隆さんがご自分のwebサイトで音の良いPCを作ろうという企画で解説をされています。まだご覧になっていない方は是非。最終的には安定化電源制作まで行くんでしょうか。興味津々です。

さて,ATX電源にも色々あるわけですが,以前言及したように,80PLUSのサイトを見てみたり,その他測定サイトを見てみると評判の良い電源の当たりをつけることもできます。
PCオーディオ的に重要そうなのは,リップルが少ないこと,負荷時の電圧変動が少ないこと,高調波歪み率が低いことがとりあえず思い浮かびます。このあたりを基準とすると,今入手性が良く使ってみたい電源としては以下のような感じになるでしょうか。

▼基準を一応たててみる
どこまで有効かはわかりませんが…。

  • リップル量が各レールで20mAを切ること(特に低負荷時のテスト結果が重要)。
  • 負荷20%時(主にアイドル時)に全高調波歪み率が10%を切ること。出来れば5%近辺が理想。
  • 標準で電源ファンの回転音が静かなこと。リスニング中に轟音はいけません。

▼2万円程度出せる方
Seasonic X-650こと,SS-650KMが鉄板でしょうか。リップルも各レール(電源供給ラインのこと)とも20mVを超えないレベルで,全高調波歪み率は20%負荷でも10%を切るのでそこそこ優秀,50%負荷では5%といい感じです。80PLUS GOLD電源でここまで全ての項目でバランス良い成績を収めているものは少ない印象です。実売は22000円程度~。
http://www.80plus.org/manu/psu/psu_reports/SP633_SEASONIC_SS650KM_COMBO_650W_Report.pdf
http://www.jonnyguru.com/modules.php?name=NDReviews&op=Story&reid=169

▼1万円以下でリーズナブルなものをお探しの方
GBronze S12II 520Wこと,SS-520GB。こちらは負荷を100%近くかけると電圧がかなり下がってしまう問題はありますが,オーディオ用途では基本そのような使い方はしないので(そもそも500W近くまで食ってしまうマシン構成という時点でかなり絶望的),あまり重大な問題ではありません。
リップルは同社Xシリーズと同程度で,大変優秀です。最近1万円切ってきましたので,お手頃ですね。
http://www.80plus.org/manu/psu/psu_reports/SEA%20SONIC_S12II-520_ECOS%201798_520W_Report.pdf
http://www.jonnyguru.com/modules.php?name=NDReviews&op=Story&reid=185

▼AntecのTwelve Hundred,P183,P193等のAntecの新ケースを使われている方
Antec CP-850が断然お薦めです。リップルの少なさはこれまでコンシューマ向け電源としてリリースされたもののなかではトップクラス(現状トップ?)。全高調波歪み率をみても5%程度とかなり優秀な部類。ATX規格でなく,Antecの特定のケースでなければ使う事が出来ませんが,性能は非常に高いと思われます。実売価格は14000円程度~。Antecは電源メーカーではないのですが,どういうわけかここのSeasonic OEM電源は総じて低発熱,低騒音で,その点でも好印象です。DELTA OEM電源はちょっといまいちな物が多いですね。
http://www.80plus.org/manu/psu/psu_reports/ANTEC-CP-850-Report.pdf
http://www.jonnyguru.com/modules.php?name=NDReviews&op=Story&reid=142

▼番外編
電源ファンを交換する前提であれば,NIPRONのePCSA-500P-X2S(-MN)はかなりいけている電源だと思います。650WのほうはVCCI ClassBとれてないので個人的にはやめた方がいいと思いますが,500Wのタイプは非常に良いです。ただし,500Wはピーク値で,連続運転は350Wまでなので,VGAがかなりの電気食いとなっている現在となっては,一般的にはとても使いづらい電源になってしまったといえるでしょう。でも,オーディオPC用途としては全く問題ありません。
リップルは3.3Vと5Vが極めて優秀,驚異の5mV付近です。12Vも20mVくらいなので非常に優れているといって良いでしょう。さしあたっての問題はファンの騒音だけではないでしょうか。NIPRONは電源ファンが交換できるので,低騒音ファンに変更することも容易です。とことん拘りたい方はどうぞ。

以上,最近気になるPCオーディオ電源でした。私も買ってみますという方は,よろしければページ末尾のアフィリエイトバナー等から購入頂ければ幸いです。ご感想もお待ちしております。

Creative Commons License photo credit: William Hook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">