最近楽しく拝見したBlogご紹介

closeこの記事は 6 年 8 ヶ月 17 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 最近はオーディオ系のBlogも一時期の勢いを失い,以前はBlog等でご活躍だった方も今ではmixiでプライベートに活動されているか,もしくは完全にネットでの表現活動から引退されている感じで,ちょっと寂しいものがあります。そんななかでも,afuturaのO崎さんは大変長く続けてらっしゃって,凄いですね。
 どうも私にとって関心ある領域が変化してきたためなのか,それともオフ会での新しいお付き合いを最近していないからなのかはわかりませんが,いまいちぐっと来る内容のコンテンツに巡り会いません。このご時世にばんばんオーディオ機器を買うというのもちょっとなかなか無いためか,読んでいてオーナーのうれしさが伝わってくるようなコンテンツもあまりない感じが…。
 皆さん,この人注目!というサイト・Blog等ありましたら是非こっそりで構わないのでご連絡くださいw

 さて,そんななかにあって,最近私が楽しく拝見したBlogについてご紹介します。

▼『PCオーディオ実験室』
【URL】 http://www.yung.jp/bony/
 皆様,私が以前Blogのエントリで参考にしたサイト・BlogのURLを紹介しませんか,という提案をさせていただいたのを覚えておいででしょうか。yungさんはこの趣旨にご賛同くださいまして,拙サイトのURLを掲載してくださったようです。
 アクセス解析で記事を拝見させていただきましたが,最近のPCカスタマイズ関連の話題は海外のメディアプレーヤー開発サイトの記事を参考にした総まとめ的な内容で,非常に良い感じにまとまっているようです。私もまだ手をつけていなかった項目がちらほらと。参考にさせて頂きますね。
 こちらのBlogで書かれていたPCを使ったアップサンプリング処理については,改めて別のエントリで言及したいと思いますが,少しだけ。
 PCであらかじめソースとなる16bit44.1kHzのデータから24bit88.2kHzのデータを生成する手法は,簡単に言ってしまえば,リアルタイム処理での理想的デジタルフィルターがないなら,先にDACが折り返しノイズを除去しやすいようにデータを作ってやればいいよね?という発想だと思います。
 ですから,オーバーサンプリングとフィルタリングをより高精度に実施する,というニュアンスで理解すればよく,24bit88.2kHzにするために高域を補間しているわけではありません。ご参考まで。

▼『Xenos Audio』
【URL】 http://blog.goo.ne.jp/taket-0405
 アルテミスのEOSのユニットを交換してみたという話,大変面白いですね。こちらで言及されているように,スピーカーブランドが自作と大きく違うのはエンクロージュアの造形だと思います。これはなかなか素人では難しい。ましてや日本では地方在住でもないと難しいでしょうw
 エンクロージュアの形はやっぱりAVALON,Wilsonの造形が好きなんですよねぇ…。EOSはその源流といいますか…。かっこいいスピーカーです。うらやましい。

▼『BONBEEホームシアター』
【URL】 http://bonbee.blog100.fc2.com/
 既にリンクさせて頂いてますが,再掲w
 最近の●久保邸インストーラー話はとても面白かったです。なんといいますか,勢いっていうんですかね。楽しんでらっしゃる感じがとても良く伝わってきました。機器の選び方も非常にセンスがあって,私がホームシアターで全部選んで!って頼まれても,「BONBEEホームシアターさんをみて!」って言ってしまいそうです(笑)。

最近楽しく拝見したBlogご紹介」への1件のフィードバック

  1. ボン

    こんばんわ。

    再びのご紹介ありがとうございます。
    でも、褒めすぎです。お恥ずかしい、、。
    相変わらず、好きにやって、勝手な事を綴っている自分です。
    えるえむさんのように何事も理路整然を目指しているいるのですが、
    なかなかに難しいです。

    また、先日はお誘いを受けたのに、お返事も出せずじまいで申し訳ありませんでした。
    時間のせいにはしてはいけないのですが、1日30時間くらい欲しいものです。

    ありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">