CARDAS CROSSLINK 1Sの続き

closeこの記事は 10 年 4 ヶ月 1 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 さて,前回のエントリでお知らせしたCARDAS CROSSLINK 1Sですが,STWケーブルでの変更も良い方向にいきましたので,満を持してSYSTEM5.1にも使用してみることにしました。

 BELDEN 1810Aのときは,新品のケーブルだったこともあるとはおもいますが,数日間の間にわたり結構な音質の変化を続けておりましたので,STW用に使っていたとはいえ,多少のエージングは必要だと思い,これまた数日間試聴しておりました。
 しかし,どうにも1810Aとくらべて明確なアドバンテージが見あたらないというのが…。確かに音場は広がるのですが,低域のレンジはほとんど変わらないかむしろ薄いくらいでして,こまったものだなぁと…・。全体的に妙に上よりのバランスになってしまい,スカスカに(苦笑)。高域の解像度も劇的に向上するわけでもなく…。どうにも拙宅のシステムとは相性が悪いようです。

 というわけで,失意の中Kimber Select KS3035に戻してみることにしました…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です