CDは媒体としてもう手遅れか?

closeこの記事は 6 年 9 ヶ月 20 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

http://tsurune-nakanesan.blog.so-net.ne.jp/2010-02-08#more

 セラミックさんのところで面白いエントリを拝見しましたが,ちょっと気づく時期がおそかったのと,コメントで長々と書くのは申し訳ないかなと思いまして,こちらで書いてみます。

 結論として,CDが廃れる可能性というのは相応にあると思います。
 ただ,それほど早くはないのではないかな?と思います。

 まず,個人的には性能としてレコードがCDを上回っているというのはちょっと疑問です。単に好みの音が出しやすいというだけじゃないかと思います。いろいろいじる余地がありますしね。原始的ですから。
 もちろん,情緒的な感性に訴えかけるサウンドを作ることが出来るという点は共感できます。私も「いいな?」と思ったことは多々あります。ただ,高性能だといわれると疑問だということです。あくまでここで言う性能というのは客観的指標として数値化できるものを意味しますが…。

 さて,CDはローエンドが触れることができる品質としては今でも素晴らしいものがあるとおもいます。手荒に扱ってもある程度大丈夫,ラジカセレベルでも音程が乱れたりしない,等々。逆に,基本性能が高いからこそ,mp3みたいな不可逆圧縮も可能っていうものじゃないかなと思います。

 オーディオファンが忘れがちなのは,多くの音楽鑑賞の場面においては,音質はすでにどうでも良い状況にあるということです。気にしなくても最低限のレベルは確保されているし,なんとなくよければ儲けもの,くらいでしょう。
 ですので,私は,技術的イノベーションとは,結局利便性のことであり音質ではないと思っています。考えてみれば,普及している高品質規格は全て便利であることの付加価値としての高品質であったように思われます。
 つまり,CDは誰にでもわかる利便性があったからこそここまで浸透したのではないでしょうか。
 たとえば,SACDは未だに普及したとはいえません。SACDになって,便利になりましたか?明らかに不便になりました。廉価なSACDPでCDより誰が聴いても感じ取れる違いがありましたか?ありませんでした。
 現状,SACDが生き残る道はマルチチャンネルしかないとおもいます。しかし,マルチチャンネルオーディオを楽しめるほどにソフトはないのです。

 では,音楽配信の今はどうでしょうか。
 PCがなければ配信データは受け取ることが出来ません。インターネットのインフラがなければ受け取ることが出来ません。クレジットカードがなければ決済することが出来ないサービスもあるでしょう。DRMでバックアップも満足にできないかもしれませんし,よそで再生するのも難しいかもしれません。

 というわけで,現状CDに変わるメディアがあるわけでもないと思うのです。つまり,今CDが売れないのは,CDそのものに問題があるわけではないということです。音楽産業の構造的な問題と,消費者の音楽を消費するスタイルの変化の問題だとおもいます。

 たぶん続きませんw

CDは媒体としてもう手遅れか?」への4件のフィードバック

  1. RadiusRocket

    コメントを残すのは初めてかな

    ネタ元のエントリも読んでみました

    ネット配信、あれはまだまだハードル(敷居じゃないよ)が高いですし、携帯での配信、あれはラジオの延長みたいなものだし(ある意味使い捨て)

    子供でも老人でも使える
    この手軽さに勝るものがでてくればCDもなくなるでしょうね
    それは、まだまだ先のこと

    CDがなくなると真の音楽ファン(オーディオファンではない)はコンサート三昧になるのかなぁ
    いや、真の音楽ファンはすでにコンサート三昧か

    というわけで、散文失礼しました

    返信
  2. セラミック

    ども、私のエントリを読んで記事を書いてくださって、なんだか嬉しいです。
    いまさら自分の文章読むと、読みにくいところが多数あって恥ずかしい限りですが^^;

    利便性については、本来目指していることが発揮しきれていないという点で
    まだ発展途上だと思います。
    個人的には、利便性の一つの答えがiPhoneの気もしますけれど。
    音楽配信にはさらなるネットのインフラと著作権の問題が、大きな課題でしょうか。
    前者は音楽配信に関わらず進んでいくでしょうけど
    後者次第でCDの寿命はかなり長くなるでしょうね。

    消費者の音楽を聞くスタイルの変化については、youtubeなんかで
    気軽に流行りや気になる曲をチェックできるようになり
    欲しいと思ったら、ツタヤがどこにでもあるようになりましたからね。
    こういうのも文化的要因でしょうか。

    返信
  3. えるえむ

    RadiusRocketさん,コメントありがとうございます^^
    いやー,ほんとCDってすごいです。便利でトラブル知らずで。
    聴きたいときにすぐ聴けるというのはとても素晴らしいことです。
    このわかりやすさ,手軽さを音楽配信が超えない限り,普及は難しいかなぁというのが実感です。

    CDをなくすのは無理でしょうが,今後は携帯で音楽を買う世代になっていくのでしょうか。そうなるとCDを買う人こそが趣味人みたいな扱いになるのかもしれません…。

    返信
  4. えるえむ

    セラミックさん,コメントありがとうございます^^
    ダウンロード派の音楽試聴のYoutube使用率が高まっているそうですが,結局これらは大半が権利侵害コンテンツなわけで,そこにアーティストへのリスペクトはあるのかなぁという懸念はありますが,現実問題としてはそういう潮流があるのは事実でしょうね。
    http://japan.internet.com/research/20100310/1.html

    定額サービスのNAPSTERが日本から撤退することになりました。さらなる使い勝手の向上が必要ということでしょうが,著作権者,利用者の相互理解が進まないとなかなか難しいでしょうね。
    日本だけ取り残されていきそうな気配も。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">