CDプレス比較『First Love』

closeこの記事は 10 年 7 ヶ月 9 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

▼宇多田ヒカル『First Love』東芝盤を購入しましたので,Victor盤と比較試聴してみることにしました。
※あくまで拙宅のシステムでの話ですので,興味がある方はご自分で2種類集めて比較していただきますようお願い申し上げます。
FirstLove.jpg

○バイナリチェック
 とりあえず,お約束のバイナリチェックから。
 PCのドライブの仕様もあり,読み込み開始位置は必ずしも一致しないのが現状です。
 そこで,WaveCompareというソフトを使用して,バイナリ一致点を特定し,比較します。結果,バイナリは「一致」と判定されました。
 まぁ,バイナリ一致は出荷時の最低限の品質保証ですから,当然のことですね。

○東芝盤
 ・全体的に粉っぽい。
 ・ボーカル音像は小さいが,奥に張り付いたみたいになる。
 ・高域が若干派手。
 ・低域が緩い。

○Victor盤
 ・全体的な音色はこちらの方がナチュラル傾向。
 ・全体に艶があり,ボーカルになまめかしさがある。
 ・ボーカル音像はやや大きめだが,立体感がありリアル感は上。
 ・低域の見通しが良い。
 ・ちょっとJ-POPにしては上品かもしれない。

 音質的に一番違うのは,ボーカルの立体感と定位,あとは低域でしょうか。予想していた程には差がないというか,がらっと違うわけではない気もしますが,オーディオマニアなら見過ごせない程度の違いはあります。
 J-POPにありがちなバランスは東芝盤ですが,質が高いとはちょっと言えない気がします…。私はVictor盤のほうがボーカルに聴き応えがあって好きです。

▼リッピングについて
 PCにCDを挿入して毎回再生する場合にはあまり関係ないことですが,HDDに残す場合はリッピングの品質が問題になります。CDリッパーといえば,CD2WAVかEAC(Exact Audio Copy)が代表的ですね。EACをお使いの皆さんにとっては,もはや避けて通れないのがYSSさんのCD-R実験室のこの記事です。各種ドライブのオフセット値等,詳細な設定についてはページ末尾をご参照ください。
 私は上記の記事を参考に,EACを用いてオフセット±0・検出B・精密・バースト取り込みでリッピングいたしました。

参考:EAC (http://www.exactaudiocopy.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です