ネットワークDACについて考えてみる(1)

closeこの記事は 9 年 7 ヶ月 30 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/feature_386.html

なかなかLINNの中の人とライターさんがはじけているので,ちょっと検証してみたいと思います。

▼LINNがFLACに対応した理由を考える。
FLACに対応した理由は,第一に,楽曲にタグ情報を付与して管理出来るからじゃないでしょうか。第二に,ネットワーク経由で非圧縮のデータを送るとサーバーへの負荷がものすごいことになるからでしょう。

▼私がFLACを使わない理由。
しかし,私はFLACを使っていませんし,今後も無いと思います。理由は以下の通りです。
○理由1:FLAC使っても容量は30%から40%程度削減されるに過ぎないが,HDDの容量はFLACの圧縮率向上以上のスピードで大容量化が進んでいる。
○理由2:タグ情報の管理に頼ると全てのデータを専用のアプリから参照することになるから,結局全ての音声データにタグをつける作業をしなければならなくなる(むしろこっちのほうが面倒臭い)。だったらフォルダで管理してエクスプローラで参照するほうが直感的で良い。
○理由3:デコード(解凍)時にCPUとメモリを必ず食うので,電力の消費量が変動するから,クロックが揺さぶられる可能性が高い。また,ノイズが必ず増大するので,デジタル臭い音になりやすいはず。特にDSは外部クロック入力がないので,修正する手段がない。

※理由3について
DSはDACでデコードしますが,拙宅の場合強引にFLACを使おうとするとPCトラポ上でWAVに変換することになります。となると,2つ問題があります。
(1)FLACに対応するDAWソフトがない。プレーヤー毎の音の違いはコーデックの違い並に大きいので,話になりません。
(2)PC上で変換すると,CPUとメモリの使用量が増えるのでクロックが揺さぶられる可能性が高い(たもそさんのサイト参照)。

以上の問題をクリアするなら,メインマシンでFLAC状態で格納しておき,オーディオで再生する際にメインマシン上でWAVにデコードしてPCトラポに転送することになりますが,それって二度手間過ぎて笑っちゃいます。

もちろん,まだまだ続きます。次回はNASについて。

ネットワークDACについて考えてみる(1)」への4件のフィードバック

  1. raspy

    どうもFLAC党のraspyです(笑)。元記事の信憑性はおいておいて、とりあえず……
    まず、タグの問題はEACとの組み合わせでなどでオートにできます。(アーティスト名ピックアップなど)
    対応DAWもないことないですよ(protoolsとか。再生に使うのもどうかと思いますが……)。
    CPU使用率及びハードディスクの位置などに関しては、windowsのようなマルチタスクOS上では殆ど制御不可能かと思います。再生中にはOSはじめ、さまざまなタスクが実行されているので。もしこの影響を認知できるなら、再生の度に音が変わるはずです。
    水をさすような発言ですいません。

    返信
  2. えるえむ

    raspyさん,コメントありがとうございます^^
    いえいえ。水を差すなんてとんでもありません。私は知らないことばかりなので,教えていただけて嬉しいです^^

    EACとの組み合わせで自動で名前をつけられるのはおっしゃるとおりなのですが,CDDBに登録する人によって微妙に登録名が違ったり(特にクラシック),逆にCDDBに未登録のものに当たったりすると激しくがっかりしませんか…。
    ソフトのでき次第なところもありますが,タグでグループ分けの管理していたりすると,逆にいちいちタグ入力で悩んだりとか個人的には煩わしいんですよね。SonicStageCPがまさにそういうソフトで,個人的には辟易しながら使ってます(涙)。

    ProtoolsはFLAC対応なんですねぇ。知りませんでした。
    いずれはソフトウェアDAWでも対応して欲しいところですが…。

    WindowsのCPU使用率は個人では制御不能なので,とにかく力業です。
    拙宅のPCトラポはプロセス数を削れるだけ削っており,再生時にはExplorerすら停止させています。また,DAW用に必要な2,3のプロセスを含めて,再生時には14のプロセスが動いているだけ&DAW以外のプロセスは全て優先度を最低にしてあります。
    そうすると,音楽再生時以外は常にCPU使用率が0%になります。もちろん0になったからって何もプロセスが動いていないわけではないですけどね^^; 個人で対策できる限界ということです。

    まぁ,極限まで詰めていくと,何をやっても音が変わるようになってくるとおもいます。そこから何を諦め何を諦めないかだと思います。

    返信
  3. Akimitsu

    typo
    s/直感/直観/
    はいいとして…。

    ニコ厨としてはタグ管理方式は嫌いじゃないのです(笑)。とはいえ、タグで検索する方式だと少々不便を感じますね。タグを応用してアーティストからたどったりジャンルからたどったりといろいろなたどり方のできるようなソフトであればとても便利かなぁと思います。フォルダで管理だと1種類のたどり方になってしまって少々不便を感じる時があります。

    CPU使用率のお話は、DRCを使ってほぼCPU使用率100%近辺で再生している身からすると同意しかねるところが。条件が同一ではないので比較するなといわれれればそれまでですが…。とはいえ、その状態でもExplorerのon/offで音が変わるから何とも言えません(苦笑

    返信
  4. えるえむ

    Akimitsuさん,コメントありがとうございます^^
    文脈上は「直感的」であっていますが,s/?と書かれても意味が分からないので真意はつかみかねます…。

    再生するスタイルはそれぞれですので,タグがあっても無くても管理できれば言うことないですね。

    おっしゃるように,CPU使用率の件は,波形をいじる場合には全く話の段階が異なるので,一緒くたには議論出来ません。
    まぁ,そもそも,不同意な部分がいったいどの点なのかがちょっとよく分かりません。

    とにかく,akimitsuさんには是非クロックの入るカードをご購入いただき,外部クロックありと無し・DRCありと無しで組み合わせた比較試聴をしていただきたいですね♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です