ネットワークDACについて考えてみる(3)

closeこの記事は 9 年 9 ヶ月 3 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 前回,前々回のような物言いですと,私自身DSの方式にメリットがないと感じているように思われるかもしれませんが,メリットはあるとおもいます。

○誰でも簡単にPCオーディオを始めることが出来る
 やはり,PCのこともネットワークのこともあまりよく知らない人でも,とにかく高品質な音楽配信を楽しめたりジュークボックス的に音楽を楽しむことが出来るようになるのは大きな進歩と言えるでしょう。
 逆に,こういった機器を国内メーカーが全然出すことが出来ないのは,著作権に対する過剰とも思える配慮やマーケットの読み方の問題なのかもしれません。

○S/PDIFを使わない
 LANのデータ転送はクロック成分と関係なくデータをやりとりしますし,データロスがあれば再送することになっているので,理論的にはクロックジッターの問題は単純にDS内部での話となります(ただし,hyroさんやさもえどさんがご指摘のように,キャッシュの問題は残るのかもしれません)。

▼対抗馬は「Transporter」?
 でも,同じ事やろうとおもったら,Slim DevicesのTransporterで十分なんですよね(これもhyroさんがご指摘されてました)。こちらはLANでデータを受けたうえで,そこから各種フォーマットでDACにつなげる機械です。もちろん外部クロック入力もついています。日本にも昔輸入されていた時期がありましたが,今はどこも取り扱っていませんね。どこか代理店に早くならないと,勿体ないと思いますが…。

 とはいえ,HDD上にライブラリとして大量の音楽ファイルを保存してPCをジュークボックス代わりにして楽しまれている方には,LINNのDSシリーズはとても便利だとおもいます。
 また,デザイン的な意味合いとともに,オシャレに,拘りはあるけど肩肘を張らない感じで自覚的に音楽を楽しむ人には良いと思います(そういう意識のある層を露骨にターゲットとしてきているのが最近のLINNのマーケティングだと思わなくもないですが…)。

 さて,前置きはこのくらいにして(爆),明日からは件のStereosoundの記事について検証してみましょう^^

ネットワークDACについて考えてみる(3)」への2件のフィードバック

  1. Macindows

    まだStereophileのサイトにはあがっていませんが、3月号にKlimax DSのレビューが出ています。jitter特性図9(24bit/44.1kH)はすごいです。jitter成分が見えません。

    なお、Linnのサイトにドイツ語レビューとLinnとの対談の英語訳があります。
    http://www.linn.co.uk/product_reviews/action/detail/id/2474
    これによると、技術的にも予算的にもKlimax DSには制約をつけず、最上の音を出す製品を開発することが目的だったようです。NASを使うことに議論はあるでしょうが、計測できる性能という点では、抜きん出ていますね。

    ただ、DLNA製品一般にそうですが、インターフェイスがタコすぎです。Tablet PCを推奨しているとは言え、iTunesを普段使っている人からすると5年は遅れていますね。

    私もTransporterを使っていますが、Klimax DSは別クラスの製品と思います。少なくとも購入対象者は、人を雇ってCDをリッピングさせ、ディーラーにNASとネットワークのセッティングも依頼する余裕のある人でしょう。それはそれでまだまだニッチなネットワークプレーヤーが知られるきっかけになればと思います。

    NASも使っていますが、利点はサーバーを乗せると、PCが要らないことですね。最近のNASにはDLNAやiTunes互換サーバーを搭載した物も増えていますから、iPod Touchをリモコン代わりに使って、フルブラウザでアクセスすればお手軽便利にネットワークプレーヤーを使えます。
    (試していませんが、TransporterにはDRCプラグイン、なんてのもあったりします。)

    返信
  2. えるえむ

    Macindowsさん,コメントありがとうございます^^
    Jitter成分が見えないとは,ものすごいですね…。
    それほど素晴らしいクロックを入れている様子もなく,見た目普通の基盤のわりに,いったいどのような工夫が盛り込まれているのでしょうか。
    興味深いです。web版がでましたら確認したいと思います。

    LinnGUIも相当悲しいものがありますね。あれはハイエンド機器のインターフェースじゃありませんw

    個人的にはTransporterの柔軟性には目を見張るものがあると思っています。
    RME等の外部インターフェースを使うのが良いのか,Transporter方式が良いのかは悩ましいですが,内蔵方式も含め三つどもえでお互いの方式が発展していけばよいですね?^^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です