DACが壊れたよ事件 その2

closeこの記事は 7 年 5 ヶ月 18 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 今回dCS952を修理するにあたっては,非常に安心できるサービスを受けることが出来たと感じています。

 まずはメールと電話でヒビノインターサウンドに問い合わせ。大変丁寧な応対で,機材不具合のお詫びをいただき(こんな古いDACでお詫びなんてとんでもなく申し訳ないですが),さらに最寄りの楽器店を紹介していただきました。修理には3週間ほどを要するとのこと。

 私は石橋楽器経由で修理依頼をしたのですが,なんだかんだで結構かさばるし手で持っていくには重いし…とDACの運搬方法でちょっと悩んだので,石橋楽器の担当者さんに相談したところ,自宅から修理依頼内容を書いた紙を添付して発送してもらえれば,修理依頼書は代筆するので問題無いと回答をいただきました。これで第一関門はクリアです。石橋楽器さんもとても丁寧な対応で素晴らしかったですね。

 第二関門は,修理代です…。古い機種なので,おおよそ劣化していそうなパーツは全て交換してほしい…特に電解コン…。でも,電解コンを全て交換したらいったいいくらかかるのか想像もつかない…。念のため,故障箇所のみの交換と劣化していそうなパーツ含め交換した場合で見積もりをもらうことに。
 これがまた,ヒビノインターサウンドの対応のすばらしいこと!メールや電話の返答も大変丁寧で配慮が行き届いており感心でした(実際は今のサービス業的には普通だとおもいますけど,オーディオ業界があれなので…)。

 しばらくして,石橋楽器から見積もりの連絡が。

 「コントロールボードの電解コンデンサが液漏れにより容量抜けしていたようですが,他の電解コンデンサとトランスのコネクタも交換した場合で,38XXX円になります。」

…え?

※ dCS952はメーカーでのサポートが打ち切られた機種ですので,電解コン等純正品を使うわけではありません。完全にお任せで修理をお願いしましたので,どの機種でもこの価格で電解コンデンサ総交換が行われるということではありません

■ つづきます。

DACが壊れたよ事件 その2」への2件のフィードバック

  1. たもそ

    ヒビノさんはマスタークロックよりもDACの修理の方が得意なのでしょうかね?
    もちろん、件の992-2は修理は出来たらしいのですが。

    修理料金も良心的で非常に安いですね。
    サポート終了でもこれなら安心だ。

    返信
  2. えるえむ

    たもそさん,コメントありがとうございます^^
    修理としては単純な部類だとおもいますよ。容量・耐圧が同じ電解コンをとりつけていくだけですからね。
    ただ,簡単かと言われるとそうでもないとおもいます。40個以上電解コンを取り替えるのは,かなりの時間と集中力が…。

    サポート終了してパーツの縛りとかもなくなったのがよかったんじゃないかと勝手に想像しています(笑)。純正部品の使用は端から期待してませんしねw

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">