超ウルトラスーパー…ハイコストパフォーマンスなヘッドホンDN-HP820EB

closeこの記事は 5 年 7 ヶ月 8 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

小さい頃,「超ウルトラスーパーミラクルなんたらかんたら」みたいな修飾語を付けるのが私の周りで流行りましたが(多分地元だけでしょう),皆さんは,とにかく凄い!ということを相手に伝えるための修飾語はどのようなものをお使いでしょうか。

今回のエントリでご紹介するヘッドホンの特徴を示す端的な表現としては超絶ハイコストパフォーマンスなヘッドホンというのが判りやすいと思います。上海問屋さん取り扱いの,DN-HP820EBです。

こちらは買い方にコツがありまして,最も安く購入するためには上海問屋さんの直販サイトにてご購入頂く必要がございます。なんと,送料込みで1499円です。送料除外したら1000円くらいですかね。色んな意味でやばいです。
当初プレスリリースを出した頃は5000円程度で販売されており,最近1500円で投げ売り状態なのは,やはり音響分野に非音響分野の業者が参入することの難しさの表れかなあと感じます。ちょっと上海問屋さんに同情してしまいます…。

仕様として面白いのは以下の点です。

  • 黒檀削りだしハウジング(外観ですとプラに塗装を施したみたいに見えなくもないのですが,分解してみたところ,確かに黒檀を削りだして作ってました…コスト的な意味で凄い。)
  • LRセパレート構造でバランスアンプでの動作が極めて容易(プラグは2.5Φの2極でしょうかね?)。
  • 折りたたみ可能で,かつDJプレイ用にヘッドホン部が回転する機構付き。

全体的な仕上げは普通で特に高級感もないわけですが(当たり前だ),逆にこの気楽さが鞄に無造作に突っ込んでおく的な使い方が出来てとてもいいです。MDR-Z1000は大きさとしてはコンパクトですが,やはり高級なのと造りの拘り方が強度と相反する部分があるので,鞄に無造作に突っ込んでおくのはちょっと気が引ける感じでした。

音質傾向としては,以下のような感じです。

  • 音圧周波数特性としてはピラミッドバランス(つまり低域より)です。ベント(空気穴)付きのほぼ密閉型のヘッドホンですが,低域が籠もるような印象はありません。
  • 高域は非常に地味で,情報量は普通。出ていない音があるというわけでもないけれども音数は少なめに聞こえるかもしれません。高域の音数はMDR-Z1000の方が多いと感じます(まあ,音数っていうのも微妙な表現ではありますが)。
  • 気になる点としては,中域,特にボーカル帯域の当たりの透明感が足りず,埃っぽい音に感じる点ですね。ボーカルの澄んだ感じが第一という方の評価は低くなると思います。エージングでおおむね解消できますが…。
  • 音場は密閉にしては広いというか,普通です。音場狭いなーという印象はありません。
  • 音像定位はHD800程ピンポイントではありませんが,優秀です。立体的な音像定位で非常に好感が持てました。
  • 特筆すべきは高域の歪み感の少なさです。これはもう高額商品を含めた市販品中でもトップクラスですね。HD650くらいかなあ。MDR-Z1000よりは歪みっぽくないです。
  • 加えて素晴らしいのは帯域バランスの良さです。とにかく中域以上でのピーク感の無さと,各帯域の繋がりのスムーズさは異常なレベルといえるでしょう。

次に,DAP,ポータブルヘッドホンアンプでどう変わるのか?ということですが,以下のような結果でした。

  • DAPやポータブルヘッドホンアンプでも変わると言えば変わりますが,思ったほど変化せず。特にPMAだと余り効果を感じませんでした。低域よりでやや暖色系という割と似たような傾向だからかもしれません。
  • しかし,fi.Questえるえむ仕様Rev.2(通称「えるえむたん機」だそうです)ですとめっちゃ私好みになるので,アンプで変わらないということはないと思います。

と,こんな感じでかなり褒め基調なわけですが,1500円ですから是非お試し戴きたいなと思います。お友達のオーディオ入門用にも最適です。このヘッドホン,これだけではない魅力というか,遊ぶ要素があります。次回エントリではそちらについてご紹介していきましょう!

超ウルトラスーパー…ハイコストパフォーマンスなヘッドホンDN-HP820EB」への10件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. ピンバック: 小池屋カアラ

  3. ピンバック: myi

  4. ピンバック: koy@tti.

  5. ピンバック: Takanobu Kowada

  6. ピンバック: チョイ投げ親父 今井義信

  7. ピンバック: 音質

  8. ピンバック: やまだ(仮名)

  9. ピンバック: やまだ(仮名)

  10. ピンバック: ☃ とんキチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">