DN-HP820EBのカスタマイズ

closeこの記事は 5 年 7 ヶ月 8 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

DN-HP820EBを購入された皆さん,いかがでしょうか。期待していた方の中には,音の粗さにがっかりしている方もいらっしゃるかもしれません。ですが,中域の粗さはある程度はエージングで収まりますので(むろん限界はありますが),まずは100時間ほど音楽を再生してみると良いでしょう。

さて,それでも解決しない中域の粗さを改善する方法として,吸音材をハウジング内部に仕込むという方法があります。このハウジングの内径からいって共振ピークは5kHz程度にあるようです。これをつぶしてしまおうということですね。

作業自体は簡単で,プラスドライバがあれば出来ます。耳当てを外して,ねじを外すだけです。ねじ留めしている樹脂がやわなので,何度も締めたりゆるめたりしているとねじ穴が馬鹿になってしまうことがあります。作業時には無理矢理ねじを締めないよう,ご注意ください。

これ,なんだと思われますか?家にありましたティッシュです(笑)。ティッシュを丸く切り取っていれています。枚数は適宜調整が必要です。ティッシュの質や厚みなどで吸音性能は変わると思われますので,色々と調整が必要不可欠でしょう。
もちろん,ティッシュは一番お安い素材ということで提案するものですから,絹や綿の布や綿でもいいですし,本格的な吸音材でも良いでしょう。

ちなみに,この内部配線用ケーブルがもの凄くプアな音なので,ティッシュで飽き足らない方は内部配線の交換に挑戦してみてください。半田付けの難易度としては相当優しい部類に属します(これで破壊するようだとかなり不器用かも…)。
内部用ケーブルを変更しますと,高域の伸びが出てくる印象です。音数も若干増えます。個人的には,オヤイデ銀単線とか,S/A Labの銅より線とかいいんじゃないかなと思います(後者は今テスト中)。他にも使ってみると良い線材もあると思います。
安価で自由に改造して遊べるのもこのヘッドホンの良さです。是非皆さんのカスタマイズ例をご紹介下さい。

DN-HP820EBのカスタマイズ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: kabeoz@うなぎさん

  2. ピンバック: T.IIDUKA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">