新オーディオブランド「em」設立に参加しております。

closeこの記事は 5 年 4 ヶ月 10 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

連日の発表となりますが,オーディオブランド「em(エム)」の設立に携わることになりました。
本ブランドは株式会社エミライのオーディオ事業部のオリジナルブランドとしてスタートいたします。ブランド公式サイトは下掲URLからどうぞ。

http://www.em-audio.com/

「em」の由来は,Electrify the Musicの頭文字のEMを小文字にしたものです。

これまで制作状況をお伝えして参りましたLANケーブルにつきましても,emブランドでの販売となります。よろしくお願い申し上げます。販売に当たりまして,ECサイトも同日オープンしております。こちらも併せてご覧下さい。

http://www.emilai-ec.com/

また,Amazon.co.jpでも販売しております。こちらは日本光電様のLAN用アイソレーショントランスも販売しておりますので,家庭内LANの配線が複雑怪奇でどうした物か判らないという方は是非ネットワークオーディオプレーヤーやPCの直前にお取り付けください。

http://www.amazon.co.jp/gp/browse.html?ie=UTF8&marketplaceID=A1VC38T7YXB528&me=A2AM1LTUSB7OP3

取り急ぎ,ご連絡でした。LANケーブルのプレスリリースも掲載済みですが,プロットがいくつもでておりますので,こちらの読み取り方については改めてご説明させて頂く予定です。

拙Blogはあくまで個人のBlogとして存続予定ですので,やめちゃうの?とご心配の方はご安心ください。暫くは法人設立・部門立ち上げ関係の作業と同人誌の作業が並行しておりました関係で,更新できない状況が続いておりましたが,徐々に元のペースに戻して参りたいと思います。
冬コミではきっとMacオーディオ本を出しますよ!がんばります!

新オーディオブランド「em」設立に参加しております。」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. ピンバック: 野々村文宏

  3. ピンバック: RS

  4. ピンバック: paipai

  5. ピンバック: MDR-R10

  6. naok

    小さな世界の音を聞いているのでしょうか?
    線は緻密によじると くぐもった感じに
    シールドすれば シールド素材で出来た
    空間の反響音が乗ります。
    唯一 クロックをあげすぎないのは正解と感じます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">