ENELOOPを応用したPCオーディオ専用ネットワーク

closeこの記事は 7 年 4 ヶ月 22 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 最近あまりよい話を聞かないSANYOですが,充電池とその周辺機器についてはかなり意欲的に製品展開をしています。完全にブランディングがうまくいった感じがしますね。

 そんななか,リチウムイオン電池でiPhone用に最適と評判なのが,SANYOが販売しているKBC-L3SKBC-L2Sです(リンク先はAmazon)。前者はフル充電1.5回分,後者はフル充電3回分充電できます。

 で,これをiPhoneだけに使うのはもったいないじゃないですか。価格もさほど高くありませんし。そこで,拙宅でのプランとしては,光メディアコンバータをバッテリー駆動してみることにしました。オーディオ機器系統の電源にACアダプタが存在するなんて,信条的に許せませんw
 幸いメディアコンバータは5Vで動くので,USB-DCプラグ変換ケーブル(例:PWC100)を使えばいいだけです。

 他にも,USB端子から電源を取ることが出来る機器や5VDCの単電源があれば良い機器であれば,同じ手法でバッテリー駆動が楽しめます。たとえば,freestyleさんが実践されているように,USB-HUBを買ってきてバッテリー駆動するなんてのもおもしろいですね。
 ちょうどバッファローからLSW-TX-3EPというUSBバスパワーHUBが登場するようで,こちらをつかってPCオーディオ用ネットワークは完全にバッテリー駆動にしてみたいと思っています。光アイソレーション+バッテリー駆動で,グラウンドループは非常に単純になりますから,精神衛生上よいですね。LSW-TX-3EPシリーズの予約はAmazon等でどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">