Fidelix CAPRICE通電直後の感想

closeこの記事は 5 年 9 ヶ月 5 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

さて、今回のカプリースは某氏にお借りしたものなので、そういう状態でレビューしてもよいものなのか悩ましい部分はありますが、期待されている方もTwitterなどでいらっしゃるようですので、書いてしまいますね。

今回のエントリでの感想は、通電してから数時間〜丸1日の状態での評価です。新品だったので、適切な評価をするにはやや時間不足ということはお断りしておきます。デジタル接続はTOSリンクケーブル,アナログ接続はXLRケーブルでバランス接続しました。

まず、興味深かったのは、電源の極性でかなり音がかわって聞こえることです。全体的な音の方向性はあまり変わらないのですが、音像定位や音場、その他細かなニュアンスに違いが出てきます。オーディオファンの方なら気づく違いだと思いますので、チェックしてみてください。
なお、極性で音が変化するケースというのはシステム全体の電位差によるものであると指摘されることが多く、電位差が少なくなるのが正しい極性といわれます。ですのでどちらが正しいとは一概にいえない点に注意しましょう。

全体のパフォーマンスとしては、定価ベースですと100万円クラスの音だとは思います。定価17万位ということを考慮すると、驚異的なパフォーマンスと断言することが出来ますね。
とはいえ、音質傾向的には主張があって、透明度が高く、細やかで柔らかいテクスチャー、ややクール、という現代オーディオ系の音作りなので、DACに押し出し感やエネルギー感、音像の実体感を求める方は違う選択肢を検討されるのがよいと思います。
音場はかなり広いタイプですが、音像定位はやや奥に行きがちかもしれません。この点も嫌う方がいらっしゃると思いますが、スピーカーセッティングで補正可能な範囲内でしょう。

しかし、上記のような音質傾向というのは現代オーディオでは必須といわれるような傾向であって、カプリースは総じて現代オーディオ機器として十分すぎる性能を有しており、本格的にオーディオを始めたいという方にはかなりお薦めできる機種であると思います。見た目とか、所有欲を満たすとか、そういったことにあまり重きを置かないのであればベストな選択肢の一つでしょう。

では、世の中のハイエンドオーディオブランドのトップモデルと比較してどうかといわれると難しいですね。性能的には申し分無いものの(その時点で凄いのですがw)、最終的にはやはり好みで選ぶのがよいのでは、と思います。

ちなみに、ヘッドホン端子は、昨今のヘッドホンブームで登場してきているインピーダンスの高いヘッドホンですとか、駆動させにくいヘッドホンに使うにはやや心もとない印象です。XLRのアナログ出力が良すぎるんですけどね……。

というわけで、カプリースの感想第1弾でした。

Fidelix CAPRICE通電直後の感想」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. ピンバック: DJ okamOTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">