HDC-1L

closeこの記事は 8 年 2 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 SOTECブランドでONKYOが発表したHDC-1Lですが,個人的には大注目です。定価59800円という価格設定は,エントリー機としての狙いが非常にはっきりとしているとおもいます。
 リビングに置いてジュークボックス的な使い方をする方や,本気モードではなくBGM的な使い方でオーディオシステムからずっと音楽を流し続けたいという方向けではないでしょうか。

○まずはITmediaの記事を2つほど。
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0812/02/news055.html
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0812/02/news048.html

○Philewebの記事
http://www.phileweb.com/news/d-av/200812/02/22616.html

○本田雅一さんの「週刊モバイル通信」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1202/mobile434.htm

 基本的にはマザボにあらかじめついているI/Oのみを使う形となっていますので,USB端子付のオーディオインターフェースもしくはDACを取り付ける形となります。拡張性の点では若干惜しいところもありますので,今後に期待しましょう。
 とはいえ,なんだか自作PCオーディオマニアがお手軽な素材であれこれ試行錯誤したあとが見える(爆)HDC-1Lは,PCオーディオはよく分からないけれどとにかくやってみたいという方にはお勧め出来そうですね。

 繰り返しになり恐縮ですが,本機はPCオーディオという側面でもピュアオーディオという側面でもエントリークラスをずばり狙ってきた製品ですので,そういう視点で評価しなければならないと思いますし,私が注目しているのも上記の視点での評価となります。
 とりあえず,店頭で実機をさわってきますかね♪

※ (ASIOドライバによる)デジタル出力を手っ取り早くつけたい方は,TransitUSBがお勧めです。Transit USBの紹介記事はこちらAmazonへのリンクはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">