iPod用Dockケーブルを作ろう!4本目

closeこの記事は 7 年 4 ヶ月 1 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 失敗を繰り返しつつ,ようやく完成しました。外観に問題があるので,写真は今回はNGでw

▼勉強になった点
○ピンを外して導体に先につけてしまうなら,0.8φでもOK!
 コネクタにそのままハンダ付けする場合はかなりの技量(というか工具?w)を要すると思われますが,0.8φの導体でも取り付けは可能です。
 しかし,熱収縮チューブをつける等の作業を考えると限界だとおもいますので,1mmの線は別途コネクタ内部配線を考える必要があると思います。

○ホットボンドとグルーガンはほとんどのケースで必須なのでは?
 0.8φの導体でも取り付けは可能ですが,曲げのストレスでピンが抜けてしまうor折れてしまう可能性が高いので,出来る限りホットボンドで根本からとめてしまいましょう。

 この根本から,が重要で,空きスペースになんとなく充填するだけでは全く意味がありません。ホットボンドの強度はたいしたことないので,細かいスペースに目的を持って注入するような感じでやらないと,完成して音出し!という段階で曲げてみたら断線という笑えないトラブルに見舞われます。

 はい,私のことです(爆)。

○Dockコネクタのピンは調子に乗って先に全部抜いてしまわないこと!
 実はピンには4種類の形状があって,それぞれ微妙に違うんですね。矢尻の向きが違ったりするので,これを逆にしてしまうと見事にコネクタがiPodに刺さりませんし,端子を痛めます。

 はい,私のことです(爆)。

 できれば,(1)使うピンを残して他を抜いてしまい(ピンが折れることがあるので捨てないこと),1本ずつ抜いて線にハンダ付けして戻すか,(2)見本となるものを1つ残しておいて,それを見ながら全てのピンを抜いたコネクタにハンダ付けしたケーブルをつけていくか,がお勧めです。

○iPhone 3GSでも,1kΩの抵抗をつければ音はでるようになります。
 ただし,iPhoneに対応していない旨の警告はでます(これはWadia170も同じ)。警告が出ないようにする方法はあるんでしょうか?
 あ,1kΩの抵抗なしで音が出るか試せばよかった…。また今度やりましょう。

▼お願い
 どなたかDockケーブルをきれいに見せるコツとかありましたら教えてください;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">