iQubeV2SEのインプレ V3

closeこの記事は 6 年 11 ヶ月 25 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

前回前々回の続きです。

▼HIGHゲインだとどう変わる?
前回の感想含め,以上のインプレはLOWゲインのときのものなのですが,HIGHゲインにすると,表情がかなり(良い意味で)変わります。
一番驚いたのは,上品で地味な,ともすればつまらない印象をもってしまう音調が,ダイナミックな表現もできるテンポの良い音調に変化したことです。LOWゲインではマイナス方向に働いてしまった上品さも,HIGHゲインでは躍動感と上品さの両立という形で,むしろプラス評価になりました。ちょっとMUNDぽいかも?
そのほかの点も,総じてマイナス評価だった点が改善されており,iQubeV2SEは何が何でもHIGHゲインで使うべきというのが,現時点での私の結論です。イヤホンだからLOWゲインにすべきと思ってHIGHゲインで使われたことがない方は,是非一度HIGHゲインで視聴されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに,HIGHゲインでUSB接続をしてみたところ,やはり低域の力感とボーカルの押し出し感が違いますね。DAP接続と比べると差異は若干少なめな気もしますが,こちらもHIGHゲインのほうが個人的には好ましい結果でした。
なお,以前テストした際に,どうもUMPCにくらべてメインPCがいまいちだったのですが(WASAPIなのに),どうもUSBHUBに何か別の機器がつながっていると恐ろしくノイズを拾ってしまうようです。試しに,iQubeV2がつながっているUSBハブにつながっていたマルチメディアカードリーダーを抜いてみたところ,明らかにノイズが減りましたw 刺した瞬間にノイズが増えます。これはひどいw
デスクトップへの接続だと,音数は多いのにS/Nはあまり良くない感じがしますね。聴感上ですが。このあたりがUMPCですとかなり改善されます。やはりMacBookあたりでお茶を濁すあたりがいい使い方な気がする。SEは白いし(笑)。

▼まとめ
○広帯域すぎて,送り出し機器の影響をかなり受けることに注意。
○LOWゲインで使うなら他のアンプのほうがいい(コストパフォーマンスが悪い)。
○HIGHゲインで使うとかなりおすすめ!ハイエンドオーディオに通じる品位の高さを感じる。
○USBDAC機能が思いの外優秀。特にバッテリー駆動状態のノートPCにつなげると恐ろしいパフォーマンス。

■ いかがでしたでしょうか。ポータブルオーディオのBLOGGERの皆さんには足元にも及びませんが(汗),皆様のご参考になれば幸いです。

iQubeV2SEのインプレ V3」への2件のフィードバック

  1. baldarfin

    今晩は。

    iQube、ゲインの切り替え、どのような回路になっているのでしょう。
    気になります。

    と言うのは、私の持っている、レーマンオーディオのBlack Cube Linearもゲインの切り替えができ、高ゲインの方が、音は、元気な感じになります。

    Black Cubeは、ゲイン切り替えスイッチが右ch左ch、それぞれ2つずつあります。
    その2つは、
    「スイッチ1」と「スイッチ2」。
    デフォルトは、両方ともOFF。
    スイッチ1のみONにすると、ゲインは+10dB。
    スイッチ2のみONにすると、ゲインは+18dB。
    両方のスイッチをONにすると、ゲインは+20dBです。

    基板上を見ると、ボリュームの前に3本の抵抗が並んでいます。
    1本は、常につながっていますが、残り2本は、ゲインの「スイッチ1」と「スイッチ2」をONにすることで、つながります。

    どうも、抵抗を並列につなぐことで、抵抗値を低くし、ゲインを上げているようです。

    音の感じの違いは、スイッチと言う接点が増えることで起こるのではないかと思っています。

    接点があると、音に切れ込み感が生まれます。
    逆に、接点であったところを半田付けすると、音の切れ込み感が減少します(音が滑らかになる)。

    この辺が、原因かなあと…。

    iQubeも、もしかしたら、同じなのかなあと思い、コメントしてみました。

    返信
  2. えるえむ

    baldarfinさん,コメントありがとうございます^^

    >iQube、ゲインの切り替え、どのような回路になっているのでしょう。

    あいにく私のiQubeV2SEは蓋が開かないようで,中身がわかりません…。
    アンプ部はiQubeV1と同じそうですので,iQubeV1をお持ちの方ならご存じかもしれません。

    レーマンオーディオはそのようになっているんですね。私は電気回路がかなり苦手分野ですので,接点の増加で抵抗値が減っても音が元気になるというのがいまいち頭の中でつながらないですが…(汗)。

    少なくとも,ローゲインのiQubeは使う気になりませんが,ハイゲインのiQubeはお気に入りです♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">