iTunesのアートワーク

closeこの記事は 8 年 3 ヶ月 26 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

iTunes_Artwork.jpg

 リビングでかけるかもしれないアルバムをピックアップしてiTunesに登録してます。アートワーク機能&Cover Flow機能が面白いですねぇ…。iTunesがASIO対応したら本格的にPCオーディオの覇権を握りそうな予感。

 アートワーク機能って,要するにパッケージメディアとダウンロードメディアの橋渡し役としての機能を果たすものではないかとおもいます。例えば,iTunes music storeで購入したアルバムについては,ブックレットをオンライン上で閲覧できるようになったりすると,本格的にパッケージメディアが消滅する日がみえてくるような…。

 …著作権処理にてんてこまいな日本のメーカーは大変ですね(苦笑)。

 Cover Flow画面中央のアルバムはColdplayのもの。てつさんと本日のコーヒーさんに勧めていただいたのですが,うーむ…。さすが,よいですねw 最近の私的パワープレイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">