KlimaxDSの小ネタw

closeこの記事は 10 年 1 ヶ月と 16 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

▼トラポは諦めたLINN?
 なんと,Klimaxシリーズのトラポ開発は諦めたようです。ディスクメディアではどうやってもネットワーク配信(ストレージ)型に敵わなかったそうで,もう再生部分はPCにお任せすることにしたようですね。
 でも,LINNのフルセットを購入される方って,面倒がないようにLINNにするというパターンも往々にしてありそうなので,一筋縄ではいかないPCオーディオの世界に今までLINNの閉じた世界にいた方々がとまどう様子が目に…まぁそんなことはないでしょうきっと。

▼リッピングソフトはなんだろう?
http://www.phileweb.com/news/subwin.php?id=7520&row=1&ctgr=03
 上の写真をみるに,LINNの開発陣は,WAVEリッパーにEACを使用していることがわかります。

▼LANケーブルで音が変わる?
 余談ですが,IAS LINNブースの担当者から,LANケーブルで音がかなり変わるのでいろいろとオーナーに試してもらいたいとコメントがあったそうです。
 世の中であまりLANケーブルによる音質の変化についてコメントしている人がいなかったので,これまでプラセボ級の扱いでしたが,今後はLINNのファンの方には支持していただけるようになるかもしれませんw
 そういえば,LINNブースのKlimaxDSは某社のCAT6ケーブルでバッファローの無線ルータと有線接続されてました(笑)。無線じゃなく有線を使っていたのは何か意図があったのかもしれませんが,聞きそびれました…。

KlimaxDSの小ネタw」への2件のフィードバック

  1. Macindows

    ご存知かも知れませんが、LINNレコードでは、24/96のスタジオマスター音源とCD音源、MP3をダウンロード販売しています。
    http://www.linnrecords.com/catalogue.aspx?format=studio
    こちらの方向へのビジネス展開も、ネットワーク対応という同じ流れにありますね。

    今まで興味があって色々DLNAメーカーのユーザインターフェースをみてきましがどれも、はっきり言って酷い出来です。写真でみるかぎりLINNも似たようなものですね。DLNAを採用する場合、ディスプレイにメニュー表示が不可欠なので、この辺りが単なるオーディオメーカーだとデザインがキツいと思います。DLNAではありませんが、この辺りのインターフェイスはAppleのFront Row,MSの Media centerが優れていると思います。

    返信
  2. えるえむ

    Macindowsさん,コメントありがとうございます^^
    LINNの真の狙いは,高音質の音楽配信ビジネス立ち上げなのかもしれませんね。

    それにしても,どうしようもない美しくないインターフェースで,デザインに拘るLINNオーナーの皆さんは頭を抱えてらっしゃる事でしょう。
    ただ,華美な装飾やごてごてしたインターフェースは音質低下を招く…というのが単体PCトラポ派である私の感覚なのですが,NASの場合はどうでしょうか(笑)。

    なお,このLINNの件がねじ曲がってどこかしらの宣伝に使われても困りますので,本エントリの話は伝聞ということで一切の信憑性を保証しないということでお願いいたします。>皆様

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です