LINN Klimax DSってどんな機器?

closeこの記事は 10 年 1 ヶ月と 17 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 LINNから発表されたKlimax DSですが,いまいちどんな製品なのかわからないという方向けに,ざっくりとした説明をしてみたいと思います。

klimaxds.jpg

 結論から申し上げれば,KlimaxDSは「ネットワーク対応DAC」です。DACに,LAN(有線,無線)接続機能がついているのです。したがって,KlimaxDSだけ購入しても音は出せません。
 では,CDトランスポートを別途用意すればいいのでしょうか?答えはNOです。ここが既存のDACと発想が異なる点です。

 なんと,KlimaxDSは従前のCDトランスポートと接続することは出来ません。SACDも対応していません。代わりに用意しなければならないものは,パソコンとNAS(Network Attached Storage),そしてルータ,LANケーブルとなります。

 NASというのは,簡単に言えばLANケーブルをさすだけで使える外付けハードディスクドライブのことです。KlimaxDSと接続するためにはDLNAという規格に対応していることが必要です。

 まず,ルータにPCとNASとKlimaxDSをLANケーブルで接続しておきます。もちろん無線で接続する場合にはKlimaxDSもPCも有線接続する必要はありません。そして,トランスポート的な機能の管理は全てPCで行います。データはNAS上に保存したWAVファイルもしくはFLACファイルを使用します。

 WAVというのはPCM信号をPC上で扱うためのもっとも一般的なフォーマットであり,FLACというのは可逆圧縮フォーマットの一つです。

 このように,LANにつながれたハードディスクに記録されている音楽データを,PCを使ってKimaxDSに転送してDA変換をするといった感じで使用することになるとおもいます。これも広義のPCトランスポートですし,PCオーディオの一形態と言えるでしょう。
 従って,最低限オーナーにはPCのソフトウェアを扱うことが出来る程度の知識(もしくはマニュアルを見ればソフトウェアを利用できる程度の気合い)と,NASに最低限データを保存できる程度の知識(もしくは気合い)と,有線or無線のLANをくめる程度の知識(もしくはry)が求められそうです。

 まぁ,LINN Japanのことですから,ネットワーク構築くらいはサービスでやってくれるかもしれませんが(有償で),どちらにしろ操作は自分でやらなければならないわけで,KlimaxDSシリーズを購入できる程に資金がある層だと結構苦しいんじゃないかなと思ってしまいますね。

LINN Klimax DSってどんな機器?」への6件のフィードバック

  1. えるえむ

    clefさん,コメントありがとうござます^^
    ところが,LINNとしては,PCもルータもNASもなんでも好きなの使ってくれっていうスタンスのようなんですね。
    個人的には,少なくとも有線でつながっている場合には電源ケーブルによる音の変化もあるし,凄くやっかいだと実感しているのですが…。

    返信
  2. Macindows

    ハイエンドの世界にも、ようやくネットワークプレーヤーが認知されるかもしれないですね。SPDIFに頼らず、エラー訂正、非同期データ転送可能なLANを使ったDACは以前よりあった訳ですが、DLNAに準拠することで標準規格で出せるようになったという事なのでしょうね。Dan Lavryには前からLAN結合DACを作ってほしいと言っていたのですが。。。。

    日本のオーディオ雑誌がレビューで取り上げるなら、やはりLan接続DACですが、既にStereophile誌でclass A評価が出ているSqueezeboxのTransporterとの比較くらいやってほしい所です。こちらは、アナログ出力の他に、ディジタル出力(SPDIF, AES/EBU),クロック入出力もあるのでマニア向けですしね。

    >個人的には,少なくとも有線でつながっている場合には電源ケーブルによる音の変化もあるし,凄くやっかいだと実感しているのですが…。

    これまでのノウハウとは違う部分があるでしょうね。ただCPU負荷を変えるだけで音が変わってしまうPCトラポと比べてどっちが厄介かというと微妙に思えます。

    返信
  3. えるえむ

    Macindowsさん,コメントありがとうございます^^
    おっしゃるように,SqueezeboxのTransporterは確かに注目されてもおかしくはないとおもいます。LINNよりはPCの知識が要求される点で敷居は高いかもしれませんが…。
    DLNAという標準規格を媒介とする以上は,トランスポート(例えばHDDorRAM内蔵)もDLNA対応してLAN接続なんて事例もいずれは出てくるかもしれませんね。

    確かに,これまでの代表的なPCトラポ方式との比較ではKlimaxDS方式はわりと簡便でよいようにも思えます。
    ただ,実際の所変化があるのかどうなのか,まだ未開拓というか,未検証な面は否めないと思います。LINNユーザーによる検証に期待したいところです。

    返信
  4. 試聴記

    アキュフェーズのi-linkは、CAT5クラスのLANケーブルを純正にしていて、これをCAT7の物に交換して試聴した事があります。結果はカラットした乾いたサウンドがしました。今は戻してますが、同じ種類では、デノンリンクが該当し、デノンからはAK-DL1(52,500円)といった高価なLANケーブルも出ているようです。

    返信
  5. えるえむ

    試聴記さん,コメントありがとうござます^^
    アキュフェーズの機器が発表された当時はCAT5のものばかりだったと記憶しております。LANケーブルの世界というか,PC関連機器の世界は(速度的には)全て測定で勝負がついてしまうので,聴感と整合性をとるのが難しいですね。
    CAT7用ケーブルも被服で若干音がかわるようですので,赤系統のケーブルがよろしいかもしれません。
    DENONのケーブル,絶縁体がおもしろいですね。カテゴリはどのくらいのものに相当するのか興味は尽きませんが,きっと教えてくれないでしょうね(笑)。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です