Lynx L22の設定とブレイクアウトケーブル

closeこの記事は 6 年 7 ヶ月 8 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 Lynx L22の設定とブレイクアウトケーブルについて,ご要望がありましたのでいくつか。

▼設定は?
 Lynxは設定が難しいという話をちょくちょく耳にしますが,私の場合ミキサー設定はマニュアル読まずにいじってすぐ音がでてしまいました(汗)。ですので,何が難しいのかがちょっとよくわかっていないのですが(私が見落としているだけかもしれません),おそらくIN/OUTの設定がややこしく感じられるからじゃないかと思います。
 デジタル出力の場合は,OutputからDigital Out L/Rをまずさがして,P1LとP1Rを一番上に割り当てれば良いはずです。私はアナログOutはルーティングしない設定にして,アナログInもMuteしてしまっています。

 あとは,私の場合は音楽鑑賞はASIO経由でやってしまうので,WASAPI経由は24bit/48kHzのフォーマットで出力するように設定しました(いわゆる共有モードの「既定の形式」)。これでDVDやBDを鑑賞した場合でも24bit LPCMデータの出力が可能です(そういうデータが入ってなければ意味のない話ですがw)。

▼ブレイクアウトケーブルは?
 私の場合中古品を買ったので,付属品が一切無い状態で届きました(笑)。その関係でブレイクアウトケーブルはもともと無かったんですが,どうもかなり評判悪いようですね。私の場合は某氏にお願いしちゃいましたので,制作方法等,私から申し上げられるようなことは特にないんです…。ごめんなさい。

 それだとあんまりなので,Lynxの公式ページからマニュアルを参照すると,P.31にD-Sub15PINのピンアサインが書いてあるので,それに従えばOKだとおもいます。D-Subの端子は電子部品系ショップで入手可能でしょう。
 興味深いのは,XLRもAES/EBUもGNDを接続しないことですね。これはPCとGNDを共有してもいいことがないからかもしれません。インピーダンスは75Ωの設定です。なお,Clockを繋ぐ場合のみGNDを共有することになります。

 以上,L22関連の話題でした。しばらくは溜まってる機器の感想などが続くかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">