NASを使ったマルチメディアコンテンツ再生 2TB

closeこの記事は 7 年 5 ヶ月 14 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 前回の続きです。

▼その2:DLNAサーバー機能に手を焼く(2)
 なんと,BaffaloのこのNASは,HDDを4台いれられるにも関わらず,DLNAサーバー側で公開出来るHDDは一つだけなんです。対処方法は,RAIDを組んで一つのHDDとして運用する以外になさげ。なにそれ。
 もう少し具体的にいうと,たとえば音楽ファイルをHDD1,動画ファイルをHDD2に保存しているとします。もちろん,PCからはフォルダ毎に全て参照できます。しかし,DLNAクライアントからは,どれか一つのHDDしか参照できません。設定はいちいちNASの設定画面を開いてDLNAクライアントを再起動させなければなりません。つまり,PS3からは,好きなときに音楽と動画を切り替えることができないわけです。
 これは,RAID5より物理的な複製をするほうがマルチメディア系コンテンツのバックアップには最適だろうと考えてRAIDを組まなかった私に思わぬ罠でしたね。
 仕方がないので,別途マシンにデータを待避させて,RAID5で運用し直したいとおもいます。4台も同じの買うのも面倒臭い…(すでに3つくらいありますが,それぞれ用途は決まっているのでRAID5で組み直すのはしばらく先になりそう)。

▼その3:なぜか動画のシークに弱い
 このNASはHDDの読み込みがへなちょこなのか,ファイルのシークがとっても下手です。PS3でハイビットレートの動画を早送りする際も,PMSでは120倍速だろうが余裕でスタートボタンを押した瞬間に再生が開始されますが,NASですと10倍速が限界で,30倍速になるとボタンを押してから再生開始まで数秒?10秒またされてしまいます。これはストレス溜まります…。
 このあたりの犯人がHUB(の蟹さんチップ)なのかNASなのかは後日検証してみたいところですね。

■ つづきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">