NASを使ったマルチメディアコンテンツ再生 3TB

closeこの記事は 7 年 5 ヶ月 4 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 前回の続きです。

▼その4:なぜかWAVEファイルをPCで再生すると音飛び
 DAWソフトではこういったトラブルはないのですが,foobar2000を使ってキャッシュを100ms程度にしてしまうと,1曲につき2回程度の頻度で音が飛びます。これも前回指摘したシーク問題と原因は一緒でしょうね。NASの問題かHUBの問題か,切り分けが必要です。

▼メタル?ファイバー?どっちがいいの?
 これまではPS3に電気的に繋がっている機器がPDP等であることに鑑みて,100BASE対応のメディアコンバーターをつかって電気的にアイソレーションした状態でネットワーク越しのコンテンツ再生を行っていました。
 今回1000BASE化にあたっては,1000BASE対応のメディアコンバータは非常に高額で手が出ないので,今回PS3を初めてメタル線でルータやHUBに接続することにしたわけですが…。

 なんか,絵も音も違って感じるような…。あれ?おかしいな。家電製品に非常に疎い家族からもPDPの画面が暗くなった(輝度が下がった)のではないかみたいな指摘を受けました(汗)。理論的にはそんなはず無いんですが…プラセボレベル高い感じですw

 どちらが良い悪い,というのは一概には言えない(メディコンはVCCI ClassAです)ですし,メタル線にするなら少なくともHUB毎に電源をアイソレーションしたいので,まだメタル線環境を評価するには早いかなと言う気もします
 とはいえ,ファイル移動の速度を気にしないなら,コスト的には100BASEでメディコン使って分離したほうがよさげ? このあたりのバランスは今後検証していこうかと思っています。

■ 続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">