NASを使ったマルチメディアコンテンツ再生 4TB

closeこの記事は 7 年 5 ヶ月 7 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 前回の続きです。一応現時点でのまとめをしておこうかと。

▼NASに求められるコンテンツ再生性能
○ファイルシークの高速化
 そもそもはバックアップ用途からスタートしてて,DLNAサーバー機能はおまけなんじゃないかという気もしますが,最近ではDLNAサーバー機能搭載を前面に押し出している個人向けNASもありますので,少なくとも動画閲覧に支障がない程度に高速な制御基盤がほしいですね。

○ストリーミングの安定性
 また,確かに音声データ系ファイルは容量も軽いしビットレートも低いので,大抵の場合は問題無く再生できる気はしますが,反面ある程度バッファがないと音切れしてしまうほど,連続でストリーミング再生することもまた難しい印象です。
 現状では,再生機器側にバッファをもたせるしかないのでしょうか。うーむ。

▼まだまだ未完成?
 DLNA機能も,認識できたりできなかったりと動作の怪しい物が多いですし,コンテンツのシーク動作に支障があったりデータ転送の安定性がなかったりと,まだまだ家電レベルに追いつくには相当時間がかかりそうな予感です。
 LINNのDSシリーズは基本的にはNASの使用を推奨しているわけですが,安定性という意味ですと,別のPCにDLNAサーバー機能を持たせてそこから読み取る方が安定するのではないかという気がします。
 現に,LINNのDSシリーズで音楽を再生している最中に転送が止まるといったトラブルも何度も見ていますので,まだまだDLNAを使った音楽鑑賞は人柱的な印象を受けました。まぁ,そういう状況でも購入して楽しみたいという層があるわけで,それだけ魅力的なハード・環境であるということに違いはないように思います。

■ 次回はリビングシステムの現状についてさらっと触れるかも知れません。

NASを使ったマルチメディアコンテンツ再生 4TB」への4件のフィードバック

  1. さもえど

    う?ん、DLNAで規格化されていると言っても、実装が伴ってないのが現実ですよねぇ・・・。
    ワタシも、まだまだ未完成の領域だと思います。
    っというか、まだまだヨチヨチ歩きくらいかな。^^;

    なので、ワタシもPCでのDLNAサーバ派ですね。
    ・・・・・色々面倒くさいのですが。w

    返信
  2. えるえむ

    さもえどさん,コメントありがとうございます^^
    NASについては,ちょっとやる気がそがれてしまったので,いったんペンディングとして,データを再度移動させてPMS兼マルチメディアコンテンツ管理用マシンの立ち上げをしたいと思います(実はほとんど完成してます)。しばらくはPMSと併用ですねぇ…。

    PCを立て続けに2台作ったら,なんかSSDでブートしたい症候群になってしまいましたw
    本当にすごいスピードで安くなるので驚きです…。

    返信
  3. benoit

    ご存じの通り、現在LINN DSに興味があるので、色々と参考にさせていただきました。
    多分、アンプを積んでいるSneakyが気になっていますね。これなら単体で、とりあえずでもスピーカーに音が出せるのが魅力です。

    返信
  4. えるえむ

    benoitさん,コメントありがとうございます^^
    確かに,Sneakyはヘッドフォンの世界からこちらの世界に足を踏み入れるにはいいかもしれません。設定が結構いじれますので,遊んでみてください。内部的にはアップサンプリングしてD/Aいます。最終的にはデフォルトで落ち着くとは思いますが…。
    あと,DLNAですので,電気的にネットワーク系機器とアイソレーションするのが精神衛生上もよろしいかと。100BASEのメディアコンバータがお勧めです。

    あ,もう購入されてからの使いこなしの話をしてしまいました(爆)。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">