NORDST SuperFlatLine MKII試聴

closeこの記事は 10 年 26 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 je5cxrさんにお借りすることが出来ましたので,そろそろ印象をまとめておきたいと思います。O崎邸訪問記はまとめて書ける時間的余裕がありませんので(やっぱりオフ会記は気を遣いますので),先にケーブルの話を。

○低域のスピード感が驚異的
 とにかく今まで聴いたSPケーブルのなかでは低域のハイスピード感は断トツです。だてにスピード重視を謳ってはいません。インコネ・ACとNORDSTのケーブルは色々と聴きましたが,スピード感は確実にSPケーブルがわかりやすいと思います。ただし量感は他のケーブルと同様に,やはり少なめです。
○音像のフォーカス感は意外と良好
 音像輪郭自体といいますか,音像自体はわりとカッチリした感じです。全体がふわっとなるVishnuとはこの点も異なるようですね。
○音像の拡散に特徴的な浮遊感
 故に,音像はシャープ系なのですが音場の当たりが柔らかいので,音の感触は柔らかい傾向に感じます。ただ,基本的に両立しにくいものを両立させたためなのか(それは本来良いことなのですが),やや作為的な印象もあり,オーディオ的快感度は高いのですが,リアリティという意味ですとやや疑問の残るところです…。
○解像度も高め
 さすがに解像度・分解能とも安定して高いレベルにあるとおもいます。ただ,ちょっと全体的な音色と相まってHiFi調を強調する傾向にあるので,わざとらしさが鼻につく場合はあると思います。

 je5cxrさんにはいつもお世話になっております。今回もケーブルを貸していただきまして,ありがとうございました^^

NORDST SuperFlatLine MKII試聴」への2件のフィードバック

  1. えるえむ

    je5cxrさん,コメントありがとうござます^^

    コメントされているということは,無事PC修理できたのでしょうか?
    私は使用中のPCが派手に壊れるという経験がないのですが,普段の私のPCのつかいっぷりを考えると,恐ろしいです;;

    ケーブルですが,実は1.5mという長さが帯に短したすきに長しでして,ネットワークボックスからユニットまではぎりぎりつながらないんです。
    フラットラインのあの構造故の取り回しの悪さといいますか,さすがにへなへなのSTWケーブルとは訳が違いますので,最低2mは必要のようです(それがわかったのは良かったですが)。
    そこで,試聴はアンプからネットワークボックスまでに接続して行ったのですが,これですと手前にケーブルをごっそり置いておく必要があり,これはこれで見栄えも悪く困りました;;

    というわけで,折を見てお返ししますので,またメールでご連絡差し上げますね。ありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です