Nuendo・CUBASEの設定

closeこの記事は 8 年 4 ヶ月 14 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

大天使心得さんとのオフで話題にしたのですが,案外皆さんご存じないみたいですのでご紹介(そんなに突拍子もないことではないですけども)。
Steinbergのソフトは設定項目のカスタマイズで驚くほど音が変わります。まぁ,フリーソフトではそもそも設定項目が少ないのでカスタマイズの必要性もきっかけもないわけですが,DAWソフトはカスタマイズ必須です。再生専用と割り切ると余計な機能が多すぎます。

というわけで,やるべきことの指針(ヒント)を掲げておきます。
○内部演算は32bit floatがおすすめ(大天使心得さん経由でPC_Audioさんが検証された模様
○VSTプラグイン関係も一考の余地有り
○レイテンシはお好みで(私は低レイテンシが好き)
○表示関係も一考の余地有り

おそらく1日で再生専用仕様にするのは不可能だとおもいます。私も「これで完璧!」と思ってから,ひらめきが何度もありまして,結局数度の変更を余儀なくされました(笑)。

こういった話題は商用利用不可にしたいんですが,なかなかいいアイデアがないんですよね。個人的にはこの手の話は知的共有財産的な側面があると思っているので,オープンソース的(あくまで「的」です)な運動ができればとは思います。
とはいえ,PCオーディオの世界は現状これを商売にしようとする人もいるわけで,あまり詳細に書くとそのまままるっと設定を取り込んで高音質PCとかいって販売する人もでてきかねないあたりが,ちょっと開示するのがためらわれる部分だったりします…。
どなたかナイスなアイデアがありましたら教えてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">