ONKYOからiPod対応トランスポート登場

closeこの記事は 7 年 4 ヶ月 7 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 ONKYOがついに据え置き型iPod対応トランスポートを販売するようです。販売は秋頃を予定となっていますが,GOLDMUNDのように発表してから取り消しなんてことにはならないでほしいものですね…。とりあえず,出たら買いたいと思います。

http://www.phileweb.com/news/d-av/200907/31/24032.html

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090731_306313.html

▼個人的に興味深いのは以下の点。
○±10ppmの水晶発振器搭載
 これはONKYO製のサウンドカードに搭載されているものと同じでしょうか。通常は±50ppmくらいのものか下手をすると100ppm品が載っているわけですが,なんだか感慨深いですね。±10ppmですと下手に水晶発振器交換する必要もないかもしれません。
○TOS出力,同軸出力対応
 2系統出力があるのはありがたいですね。案外光も捨てたもんじゃないとなるかどうか。ACアダプタ撤去できるなら同軸ケーブルでつないでみたいところです。
○ACアダプタ給電
 おそらくショップブランド系統から安定化電源等々が出てくるのではないかと思います。電源回路に自信があるメーカーさんはそろそろ汎用直流安定化電源を出してもいいと思うんですけどねぇ…。自作するかな?。

 リビングに設置しても違和感のないデザインでまとめてきたのは素晴らしいですね(表面が金属なのでどんなインテリアにも合うとはいきませんが)。ONKYO以外にも,この路線に挑戦するメーカーが登場すると良いのですが…。どこかWordsync対応で出してくださいw

ONKYOからiPod対応トランスポート登場」への9件のフィードバック

  1. Macindows

    面白そうですね。しかし、±10ppmとは言ってもマスターがiPodなら、精度はそちらで規定されてしまうので、ディジタル出力時のマスターがトランスポート側なのかどうかが決め手のように思います。

    Wordsync対応も良いと思いますが(個人的には欲しい)、用途が特殊なので市場的にはマスがそれほど大きくないかも知れません。むしろLavry Gold, Blue (CrystalLock)やSony
    http://www.sony.jp/audio/technology/sm_3.html
    のようにディジタルPLLによるジッター抑制の方に向うような気がします。

    LavryがiPod/iPhoneやHDMI, LAN入力のDACを作ってくれたら即買するんですけが。。。

    返信
  2. えるえむ

    Macindowsさん,コメントありがとうございます^^
    iPodのデジタル出力がどの規格に準拠したものなのかはあいにく存じていないのですが,iPodがマスターになるのなら,あまり期待は出来ないですね…。

    S-Masterってジッターに対してかなりよく考えられている仕組みですよね。とはいえ,そうはいってもトラポで音は変わるわけで,設計者の方はSRCにその原因を求めてらっしゃいました。
    そういえば,S-Master登載アンプであるTA-F501はかなり期待したのですが,使いこなせず処分してしまいました(苦笑)。でもあれは使いこなしの面でもPCとの親和性が高いので,また買い戻したい気分です(爆)。

    ご指摘のように,PLLをどうするのかというのが,ジッター値を低くする一番直接的な方法だと思いますから,各社この点に着目して対応してくるんでしょうね。おそらくコスト面でも有利でしょうし…。

    LavryのDACは確かにほしいです…。
    DLNA対応のDAC,めぼしいものがLINNだけというのはちょっと悲しいですし,Lavryならインターナルクロックの優位性を大いに示す製品が作れそうなものです。

    返信
  3. Macindows

    どうもヨドバシの店員さんに聞いても、以下のページの記述
    「iPodからの入力信号処理に関しては±10PPM(一般的なCDプレーヤーで±50PPM程度)の精度を確保しました。」
    http://www.jp.onkyo.com/product/nrx/index.htm

    から判断しても、iPodでの接続だとND-S1がクロックマスターとなるか、もしくはiPodがマスターの場合でも±10PPMの精度には制御しているようです(USBの場合は不明ですが)。

    その為か分かりませんが、電源を変えるとオオバケします。今は実験用定出圧源駆動+DA10によるジッター抑制再生を試しています。バッテリー駆動にしたら、もうクロック同期も要らないかも。う?んLavry Goldが欲しくなってきてしまいました。

    返信
  4. えるえむ

    Macindowsさん,コメントありがとうございます^^
    結果±10PPMだとかなり優秀ですね。

    12VDCの単電源を用意すれば良いだけなので,オーディオ的に吟味された12VDCの電源を作りたいな?という希望もあるのですが…。
    30台集めれば缶製品で3万円くらいでできるんですが,需要あるのかなぁ…。

    バッテリー駆動は素性の良い機器につかってやると非常に良い結果を得られますね。LavryGoldは音の振る舞いがもの凄い情報量で視覚的に見えるかのようなDACでした。iPodとつなぐには最高のDACの一つではないでしょうか。

    返信
  5. Macindows

    ちなみにND-S1は5Vなのでリチウム電池が使えます。
    以前AirMacExpressのハブ用に買った物があるんですが、引越の時見当たらなくなり、今家捜し中です。

    トラポが見えてきたら、Goldのjitter耐性も有名なので、突撃したい所ですねえ。ちなみにJunction Musicだと100万円くらいだったと思います。

    返信
  6. えるえむ

    >Macindowsさん
    おお!ND-S1って5Vでしたっけ。
    だと,USB給電に対応するエネループがそのまま使えますよね。
    うちにもiPhone用に2個あるので,バッテリー駆動余裕だな…。
    多分安定化電源より音は良いと思いますし。
    USB端子もDCプラグも千石で売ってますから,自作も楽しいですね。

    Goldが100万円とは…。円高万歳だなぁ。

    返信
  7. Macindows

    アダプタの仕様は5V,1Aなので、バッテリー駆動の場合条件が合っているか注意が必要です。iPod/iPhoneの充電の他にSPDIFを駆動するので出力500mAだと不足する可能性があります。

    返信
  8. Macindows

    老婆心ながら、(確認していないので想像ですみません)、リチウムイオンバッテリー自体が5Vでないもの(3.7Vのエネループの場合等)は、DC-DC変換が入ると思うので、音的にはどうなるか検証が必要かもしれませんね。

    返信
  9. えるえむ

    >Macindowsさん
    ご指摘の通り,電流量はチェックしてみないといけませんね。安定化電源でまずは使ってみて,電流量のチェックをしてみたいと思います。500mA超えてないといいなぁ…。
    一応大容量のエネループは500mA以上出せるようですが,DC-DCコンバータ内蔵かどうかは調べてみないといけませんね。ご指摘ありがとうございます^^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">