OSカスタマイズ法:その2

closeこの記事は 10 年 5 ヶ月 10 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 OSカスタマイズの続編です。

○システムのプロパティ
 既にweb上にあるリソースは有効活用してしかるべきですから,直剛さんのサイトに記載されているOSのチューニングの項を参照しましょう。
 http://naotake.xxxxxxxx.jp/HTPC_soft.html

 上記のページで説明のあるバックグラウンドサービスは,動作内容を理解している人が設定を変更すべき項目です。
 全くWindowsの理解が進んでいない方,検索エンジンでバックグラウンドサービスについて検索しても意味が分からない方,いちいちWindowsの説明書を読みながら操作している方は,一切設定を変更されないことを強く推奨いたします。

 レジストリの項目は,各PC毎に最適な値がことなりますので,盲目的に従わないようにしてください。世の中のほとんどのサイトに書いてあるレジストリチューニングはパフォーマンスの追求であって音質向上目的ではないということを忘れずに。

○デスクトップ上からアイコンを消す
 デスクトップ上からアイコンを消すと余計なリソースを食わなくなります。
(1)まずはデスクトップ上にショートカット,フォルダ,実行ファイル等を置かないようにしましょう。
(2)次にゴミ箱を消しましょう。消す前に,ゴミ箱アイコンの上で右クリック→プロパティ→「オプション」タブを選択し,「ゴミ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消す」にチェックをいれます。
(3)ゴミ箱を消す方法には,レジストリをいじる方法もありますが,レジストリはある程度PCに習熟した方向けですので,ここでは控えます。そこで,今回はMicrosoftから公開されている『Tweak UI』というソフトを使用してカスタマイズすることにしましょう。日本語化の詳細については,パッチを解凍して説明書を読んでください。説明書を読んでどうすればよいのか分からない場合は,素直にあきらめましょう。

Tweak UI公式ダウンロードページはこちら
日本語化パッチ配布ページはこちら。 (実行ファイルはこちら。)

(4)日本語化したTweak UIの「デスクトップ」を選択し,「デスクトップアイコン」にある全ての項目のチェックを外します。

 Tweak UIは様々な項目をカスタマイズすることができますが,通常設定を変更することが出来ない部分を変更する上級者向けツールであることを忘れないようにしましょう。闇雲にチェックを外していっても,動かせないPCができあがるだけです。

○フォルダオプション
 こちらもクラシックスタイルに。
 folder_option.JPG

○当然の前提ですが…。
 OSと関係ないので書き忘れていましたが,音楽再生に関係のないソフトはことごとくアンインストールしましょう。特にAdobe Reader等スタートアップで隠れて起動開始するタイプの常駐ソフトは忘れがちなので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です