OSカスタマイズ法:その7

closeこの記事は 10 年 2 ヶ月 2 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 ふとプロケーブルのサイトを見ていてなるほどと思った部分があったので,やってみました。プロケーブルの記事は読みにくいことこの上ないですが,ネットワークの設定自体はわりと参考になると思います(プロケーブルの店主さんはPCについて少なくとも一部の知識が欠落していると思われる記述が散見されますが…。)。要するに負荷を下げるってことに尽きるので,ある程度PCとネットワークの基礎知識があれば自ずと推測できる部分ですが,webにきちんと書くということが大事ですからね。

○LANカード/ルータの設定
 今回はLANカードが別途入っているマシンをオーディオ用に使われている場合の設定です。拙宅のLANカードはintelの82559搭載カードなのですが,LANカードの設定で音がかなり変わります(苦笑)。相対的な変化の度合いでいけば,10Mのときの変化度は猛烈で,いろいろといやになりました。ログ生成のオフと接続方法の固定はプロセス優先度ほどではありませんが,変わります。
 大まかな方向性としては,ログを出すのをやめる,Wake On LAN関連の機能をオフにする。リンク速度を固定して全二重通信といったあたりでしょうか。

 10M接続は音的な変化は驚異的なレベルなのですが,50MのWAVファイルを転送するのに実測3分はかかるため,実用性がかけらもないと判断し,採用を断念しましたw

 いよいよいじる部分が少なくなってきていますが,ソフトウェア的にはもうほとんどないですかねぇ…。最後シェルをいじるっていう手が残っていますが…(爆)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です