OSのフォント

closeこの記事は 7 年 7 ヶ月 5 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 PCオーディオの性能を追求されている方は,余計なフォントを削ると幸せになれるかもしれません。まずは下記URLあたりをご参考に調整されるとよいかと思います。

http://ub.blog85.fc2.com/blog-entry-108.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010369380

 十分に対策が進んでいるPCでしたら,なんじゃこりゃ?って変化じゃないでしょうかね…。いやーびっくりしました…。再生専用PCならば,積極的に必要最低限のフォントを残して削るのもおもしろいと思います。復帰させることができるように,ちゃんと別のフォルダに保存しながら試してみるとよいですね。

 PCの対策って,時々天啓のように降りてくるのを待つしかないこともあります。思いつくまでが大変なんですよねぇ…。

OSのフォント」への4件のフィードバック

  1. uta

    はじめまして。いつも参考にさせていただいています。
    OSのフォントいくつか削除してみましたが効きますね。
    シンバルが凄まじいです。ありがとうございました。

    返信
  2. Macindows

    わたしは試していませんが、英語版OSを日本語化すると軽くなるとおもいます。

    返信
  3. えるえむ

    utaさん,コメントありがとうございます^^
    高域もご指摘の通りなのですが,拙宅では低域の解像度がものすごく向上するように感じられました。
    私は勘違いして一度再生用ソフトが起動しなくなってしまいましたので,くれぐれも感動のあまりやり過ぎないようにお願いいたします(笑)。

    返信
  4. えるえむ

    Macindowsさん,コメントありがとうございます^^
    そうですね。本当は英語版OSに日本語IMEいれて使う感じでしょうか。
    DAWをお仕事で使われる方のなかには,英語OSにこだわってらっしゃる方もいらっしゃるようですから,一度は試してみたいと思っています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">