Panasonic SA-XR50を買ってみた。

closeこの記事は 6 年 3 ヶ月 26 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

実は結構前から使ってます。PanasonicのSA-XR50はネットで話題になったXRシリーズのAVアンプの先駆け的存在です。実際に人気が出始めたのはXR55からではないかとおもいますが,TIのデジタルアンプ用チップを使ったフルデジタルアンプとしては最も安価な部類でしょう。ちなみにTIのチップは入力された信号を192kHzに変換してPWM変換かけます。
同じチップを使ったアンプにはTacTのフルデジタルアンプのシリーズがありますが,こちらはトランス式の電源を使っているのに対し,XRシリーズは全てスイッチング電源です。

▼気になる音質は?
さて,高級アンプキラーとして話題になったXRシリーズですが,個人的にはネットで褒められている程の音質ではないと思います。
帯域バランスは上よりで,確かにぱっと聴きの解像感といいますか,高域の抜けの良さみたいなものは印象に残りますが,中域があっさりしているのと,低域が軽いです。
個人的に特に致命的なのが低域ですね。周波数的な問題というより,聴感上の密度感,質量感,充実感の問題でしょうかね。どういうわけか空振りする感じです……。
うーむ。デジタルアンプ全般では確かにこういう低域の軽さは経験するところではありますが,特に軽い印象を受けました。

そこで,以下の対策を施しました。

▼アイソレーショントランスを使ってみた。
アイソレーショントランスは容量にもよりますが,一般的には低域よりに音がシフトしていきます。とりあえず500VAのプライトロンのアイソレーショントランスを使ってみましたが,これは当たりでした。1kVAくらいでもいいかもしれません。スイッチング電源の機器ですので,PC等のGNDの結合を減らすためにも有用だと思います。理論的にはTOSでしたら不要な手当ではありますが,おそらく変化の傾向は同様だと思われます。このあたりは不思議なところですね。効果はばっちりでした。きちんと低域に骨格感のようなものが。でもまだ不十分ですね。

▼Spケーブルを交換してみた。
もの凄くSpケーブルでキャラクターが変わることが判明しました。とりあえずCARDASは全くあわないですね。AVCTのほうがバランスが取れる感じで,このあたり面白いです。
低域に寄っていくような太めのケーブルを使ってみると低音域の量感が改善されるかもしれませんが,低域シフトのケーブルは全般的に高いので,今回は断念。NBSとか繋いでみたいなあw
でも,AVアンプに超高級電源ケーブルをおごってやると素晴らしい音になるという話も聞きますので,案外ケーブルでキャラクターをコントロールするのはピュアオーディオ以上に有効かもしれませんね。XR50は2Pのメガネ端子なのでなかなか難しいですが……。

▼内部配線をいじってみた。
中高域あたりに,ノイズに起因するようなざらついた感じがしたので,どうせ保証もきれてるし中古品だしということで,蓋を開けて内部を鑑賞。
拙宅ではサブシステムとしてPCと直結なので,デジタル入力のみ生きていれば構わないわけですが,アナログ入力・アナログ出力が全てオフにできることを発見!方法は簡単で,アナログボードから伸びている線のコネクタを外してしまうだけです。これも正解でした。すっきりして音の純度が上がりますね。

エラーコード等はでませんが,改造にあたりますので推奨しません。くれぐれもまねしないでください。

まぁ,とりあえずはこの二つである程度満足のいく形になりました。これ以上を求めると基板を改造しなければならないので,敷居が高いですね……。
というわけで,XRシリーズは以前から気にはなっていたのですが,積極的にいじるスキルのある方以外にはあまりお薦め出来ない印象です。特に,ポン置きで適当に繋ぐ場合にはいい音にならない気がします。フルデジタルということにあまり過剰な期待を寄せるのは良くないということでしょうか。

Panasonic SA-XR50を買ってみた。」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. ピンバック: themespatiality

  3. ピンバック: 1470.netちょっと気になるURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">