PC用システムを組もう!(その5)

closeこの記事は 9 年 7 ヶ月 8 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 monさんに長い間お借りしているRSDA302Pですが,ようやく試聴することができましたので,monさんへのご報告がてら,SONY F501と比較してみたいとおもいます。厳密な比較じゃありませんので,議論の土台としては使わないでくださいね^^;>諸氏

▼RSDA302P改
2008_01_08-002.jpg※1 前提条件として,TransitUSBからTDKのTOSリンクケーブル3mを使用して接続しています。ACアダプタは共立電子製のもので,付属品ではありません。
※2 monさんによる改造がなされている個体です。SP端子までの配線を純銀線にしており,SP端子も付属品とは違うものになっているそうです(ただしミニコンポに見られる挟み込み方式の端子であることにかわりはありません)。あとは筐体の制震とのこと。
※3 トーンコントロール等は一切使いませんでした。音は変わりますが,露骨な変わり方はしませんね。

○販売価格2万円としては本当にあり得ないパフォーマンスw
 正直,多くの人はこのクオリティに打ちのめされるんじゃないでしょうか。F501との絶対的なクオリティの違いは感じられません(爆)。ACアダプタ撤廃という目標がないのであれば,デスクトップマシンに接続するのはRSDA302Pで十分です。
 解像度は価格帯を無視して高い部類に属するとおもいます。F501より解像度は高いかもしれませんね。
 RSDA302Pでもっとも印象的なのは中域・ボーカル帯域の表現です。とにかくデジタルアンプで音痩せしないのは立派ですねぇ…。民生機は音像が細身になってでも解像度を高めようとする場合もありますが,Apogeeは音像がやせることをかなり嫌っているのがわかります。
 音像も中域の密度感が高いので立体的に感じられます。躍動感もあるので,聞き応えは十分です。音場も特に不満はありませんでした。

○プロ機っぽい音
 302PはApogeeのチップを積んでいるわけですが,全体的にプロ機っぽい音がします(ところが,ApogeeはApogeeでもRSDA302のチップはApogeeTechnology社製だそうで,プロ機メーカーのApogeeDigital社ではないそうです)。厳密な比較試聴ではないとはいえ,音像重視,中域の密度重視といった印象です。レンジが狭いわけではありませんが,中域の密度感に耳がひっぱられるので,あまりレンジの広さは感じられません。

○駆動力が騒がれている割には?
 駆動力がものすごいと言われているラステームシステムズのRSDAシリーズですが(どちらかというと202に注目が集まっていますね),F501との単純な音量レベルの比較ですと,(駆動力≠音圧,音量であるとはいえ)F501が圧倒的に音量稼げます。RSDA302PはボリュームをMAXにしても意外とパワー感がでないです。むしろ小音量時に音痩せしないという点にメリットがある気がします。
 うーん。音色が駆動力があるように聞こえるのかなー。

○ちょっと押しつけがましいかも…。
 気になることと言えば,非常に魅力的な中域の密度感と躍動感が,良くも悪くも特徴的だという点でしょうか。ボーカルメインだったり,楽器が少ない構成の曲をよく聴かれる方にはとても良いと思うのですが,長時間聴いているとくどく感じられるかもしれません。個人的には,送りだし機器の音色が薄かったり,Spの音色が薄い場合にはマッチングがよいと思います。
 一般的には,このあたりの音色を「個性」と考えるのか「無個性」と考えるのかで,この機器の評価が変わってきそうです。もっとも,私にとっては「凄い」機器であることに変わりはなく,また,「好み」かどうかは個性・無個性とは全く別個の軸で評価されるものなので,どちらでもよい話ですね(笑)。

PC用システムを組もう!(その5)」への4件のフィードバック

  1. えるえむ

    Apogee使ってる人さん,コメントありがとうございます^^
    まさかApogee違いだとは思ってもみませんでした…。まさか静電型SpのApogeeだったとは。
    というか,同じ会社だとおもっていました(苦笑)。
    よくよく考えると,プロ機メーカーが静電型Spを作るのは不自然なんですが…。

    いやはや,不正確な知識で誠に申し訳ありません。
    同じ業界でこんなに似てる名前が許されるなんて,意外と商標に寛容なんですね^^;

    音色に対する印象は変わらないので,本文を一部差し替えておきました。
    ご指摘ありがとうございました。
    今後とも当サイトをよろしくお願い申し上げます。

    返信
  2. mon

    詳しいインプレ有難うございます。
    RSDAシリーズとはいえ、使用しているチップが全く違うので、別物と考えていただいてもいいのではないかと思います。
    あともし音量を稼ぎたいなら、ACアダプターを変更してもらえれば問題ないと思います。
    その代わり、音の雰囲気も変わってしまいますのでご注意を・・・

    返信
  3. えるえむ

    monさん,コメントありがとうございます^^
    確かに,202はトライパス,302はApogeeですから,チップベンダーが全然違いますね。
    音量を稼ぎたいわけではないので全く困らないのですが,駆動力がものすごいんだから音圧もどこまででも稼げるはずなんて思って購入すると,少なくとも302は肩すかしを食ってしまう人がいるかもしれないなと思いました。

    ACアダプタ探しも結構大変なんですよね…。要スイッチング電源ですから,いっそのことPC用の電源でも宛がってやると底なしにパワーがでるのかもしれません(笑)。
    もっとも,単に5Vが出せればいいのなら,スイッチング電源はいくらでも入手可能ですけども。

    とにもかくにも,大変参考になりました^^
    ありがとうございました。Sp早く到着するといいですね♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です