お手軽PCオーディオ基本セット

closeこの記事は 7 年 4 ヶ月 11 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 ようやくリッピング専用マシンを作ってみました。おおむね以下のような構成(+α)です。PCトランスポートにもオーディオPCにもすることができます。ご参考までに。

▼基本のレシピ(OS全部込み込みで10万?15万コース)
 PC市場の現状に鑑みて,若干改定します。もちろん,専用マシンとしての用途を最優先にしたスペックですので,マルチメディア用途で使うのは基本的に厳しいと思われます。

○M/B:Intel D945GSEJT(約1万円)
 条件は,低消費電力であること,低ESR電解コンを使っていること,です。ただし,こちらのM/Bは入手性があまりよろしくない(秋葉原のPCパーツショップ店頭およびその通販のみでの取り扱い)のが現状です。
 直流安定化電源を使ううところまでは気力がないという方は,Jetway JNF94-270-LFもよいと思います。これらのM/BはCPU込みのボード自体の消費電力が12W程度と非常に少ないのが特徴です。完成品状態での消費電力でみると,VIA C3のM/Bよりちょっと低いかな?くらいのようです(30W台)。

○メモリ:出来れば真っ当なブランドの最小容量で(約2000円)
 よくわからない方は,PCパーツショップさんで,「信頼の置けるメーカーのメモリをください」と言いましょう。最小容量といっても,XPでの限界は256MBくらいだとおもいます。Vista以降ですと512MBは必要かもしれません。

○電源:Seasonic SS-400ES(約1万円)
 acubic R10を使うのであれば,DCケーブル着脱式のほうが良いかも知れません(が,着脱式を採用した電源は音質的には微妙なことも)。低発熱な電源が良いとはおもいますが,Seasonicはちょっと発熱が多めかも?
 Intel D945GSEJTを使う場合には,ACアダプタで動作させるのが前提ですし,直流安定化電源を用意するのも良いでしょう。ATX電源を使う場合には,ジャンパー線でATX電源のピンを一部ショートさせる必要があります。
 なお,特に安定化電源で運用する場合に気になる消費電力ですが,リッピングする場合でも,12VDC 5Aが出せる安定化電源であれば問題無く動作させることができそうです(不安な方は10Aの秋月キットで)。

○記憶媒体:SSD(SLC)*1[ブート用](約1.5万円)+HDD*1[WAV保存用](約0.8万円)
 SSDに一時的にWAVファイルを書き出す目的も兼ねるのであれば,ブート領域用SSDはSLCを選ぶ方がよいと思います。16GBのものも安くなってきていますので,速度はあまり気にせず,とりあえずSLCのものを選ぶと良いでしょう。
 acubic R10を使うのであれば,5インチベイに3.5インチベイをぶら下げる形になりますので,SSD必須でしょうね。
 もしくは,HDDをパーティション分けして,メモリをたくさん積んで(上限2GB),RAMDISK上にデータを展開するという方法もあります。SSDとどちらがいいかな?。実験してみないとなんともいえませんね。

○筐体:abee acubic R10(約1.5万円)
 一部フェライト系ステンレスが使われていますが,おおむね良くできたケースだと思います。ただし,エアフローは若干問題あります。Atomで静音マシンとして使うならサイドのfanは取り外してしまって良いでしょう。
 なお,オーディオ用に使うのであれば,リッピング時のデータ保存用領域はメモリ系記憶媒体に保存しましょう(リッピングが終わったらHDDに移すのがよいかと)。

○CDRドライブ:Plextor Premium2(約2万円)
 供給は当分潤沢なようです。当面,選択肢はこれ以外にないでしょう。
 ただし,Intel D945GSEJTを使う場合には,ドライバが同梱されているメディアがDVDですので,別途DVDドライブを用意してOSの設定をするか,ドライバをUSBメモリ等にコピーしておく必要がありそうです(デバイスドライバのことをよくご存じな方なら後者の方が楽かも)。また,IDEも44pin-40pin変換アダプタが必要です。

○OS:Windows XP Professional SP3(約1万円?3万円)
 そろそろXPが入手困難になってきています。今からOSをいれるのであれば,Vistaしかありませんが,できればWindows7まで待つほうがよいのではないかと思います。Vistaにするのであれば,DVDドライブ必須ですので,Premium2は後から取り付ける形になります。

○キーボード:低消費電力なもの適当(0.1万円)
 安物ほど低消費電力です。

○マウス:低消費電力なもの適当(0.1万円)
 安物ほど低消費電力です。

○ディスプレイ:低消費電力なもの適当(1.5万円)
 できればスイッチング電源ではないACアダプタを使った液晶等が良いでしょう。

▼トランスポートorプレーヤーにしたい方は?
 PCIスロットが1つありますので,オーディオインターフェースを使うなりサウンドカードを使うなりすれば完成です。acubic R10の場合はPCIブラケットが1つしかありませんので,WordsyncするならLynx以外に選択肢がないのがネックでしょうか。

お手軽PCオーディオ基本セット」への4件のフィードバック

  1. hiro-bo

    少し気になったのでコメントします。
    SSD+SATA変換アダプタ+HDD[WAV保存用]とのことですが、最初からSATAのものを選べばSATA変換アダプタは不要では? SSDの場合IDEのほうが亜流なので機種も限定されますし、変換アダプタも万能ではなく使用する弊害もそれなりにあるので。
    また、データ蓄積用であればHDDより安価になった大容量MLCの方が良い結果が出ます。HDDの熱と振動は(それが2.5inchでも)思いの他影響があります。またこれは私的な経験なのですがSeasonic SS系の電源は、組み合わせる使用機器によってはバズノイズが出る場合があります。実際経験した時には原因を突き止めるのに相当苦労しました。まあ、使用環境にもよるとは思いますが・・・。お目汚し失礼しました。

    返信
  2. えるえむ

    hiro-boさん,ご指摘ありがとうございます^^

    ご指摘の件についてですが,変換アダプタの件は単純に削除漏れでした。以前はCFをブート用に使う例をご紹介しておりましたので…。失礼致しました。

    HDDの件はもう少し詳しいご意見をいただければと思うのですが,さすがにMLCとはいえ160GBで6万円程度はしますので,WAVを格納するにしてもやや高額に過ぎるかなという感じはいたします。もちろん,金銭的な制約をとっぱらってしまえばSSD複数台つなげてくれといったことも可能ですが,それですと「お手軽」ではなくなってしまいますし,160GBの容量で満足する方はあまりいらっしゃらないように思います。

    Seasonic系はそんなノイズがでる場合があるのですね。拙宅では都合3台に使っていますが(OEMを含めると4台),今のところノイズがでたといったことは幸い未経験です。よろしければ,ノイズがでた環境を教えていただけますか?
    まぁ,Antecでも良いかとは思いますが,最近のAntecはちょっと不安なので…。そもそもATX電源自体,大出力化傾向にあって低負荷環境での品質判断が難しいところがある気がしますね。今度のメインマシンの電源はCORSAIRにしてみました(あ,これもSeasonicOEMか)。

    今後とも気になる点がございましたらご指摘いただければ幸いです。

    返信
  3. hiro-bo

    SSDの件ですが、120GBであれば安めのメーカーだと2万円台で買えますし、探せば第2世代のものが1万円台の特価で出ていたりします。システムはSLCで、データをこれらの安めのMLCにすれば問題無いかと。読み出しオンリーでは速度やプチフリや寿命はあまり気にしなくて済みます。容量であれば安め120GB×2台とかで良いのでは?容量的にも価格的にも妥協できるラインだと思いますがどうでしょうか。本当にお手軽だったら2.5inch/5400rpmのそれなりの容量のHDDをパーテーション切って使うのが一番安価で良いと思います。でもオーディオ的にはSSDに拘りたい処ですが。

    返信
  4. えるえむ

    >hiro-boさん

    そうですね。最近は特にSSDの安さが際立ちます(といっても一般的にはまだ高い?)。
    まぁ,拙宅の場合はリッピングマシン兼データ格納マシンですから,どうしても1TBはほしいところです。なので,WDのEADSシリーズが5400rpmですから,こちらを使っています。

    今回のエントリで掲載したものは,基本的なひな形みたいなものなので,皆さんのライフスタイルに合った形で,カスタマイズされるのが良いと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">