PCオーディオ商業化は成功するか?(1)

closeこの記事は 9 年 11 ヶ月 17 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 市販のPCトランスポートの先駆けといえば,DPAT(下記URL参照。いきなり音が出る迷惑な仕様です。)が有名ですね。
http://www.ojispecial.jp/products/dpat-1.htm
 しかし,発表当初はその非現実的な価格と,バイナリ一致が全てのような発言に面食らった方も多いのではないでしょうか(実際エラー訂正によりバイナリが不一致ということはまずないし,ジッターの値でバイナリが不一致ということもないわけで…)。
 こちらは登場時は100万超えていた気がしますが,今は70万程度なのですね。

 そのあと登場したのが,スタイリッシュ(PCケースとしてはですよw)なケースを使用したものです。こちらも販売価格は70万ほど。結構いろいろとパーツを厳選されているようです。特に電源とクロックに拘りがあるようですね。PLLを使わないクロックというのはちょっとよく分かりませんが…(これは私がPLLについて詳しくないからかもしれません)。
http://www.ad.il24.net/~maywind/3grades.html

 で,今回登場するっぽいのがこちら。なんだか素人っぽい(私も素人ですが)商品説明で全然具体的じゃありませんね。なんだか二番煎じ的な感じがすごいしますよね…。PCに疎い人がターゲットだということが丸わかりな感じがします。どうでもいいスペックが列挙されているようないないような…。価格はなんと180万。やってることはSamplitudeインストールしたMCEをRAIDで動かすっていうことくらいしかわかりませんが,今度勉強させてもらいに行ってこようかなと思っています。
http://www.soundfidelity.jp/

 つづきます。

PCオーディオ商業化は成功するか?(1)」への5件のフィードバック

  1. VIPROSKING

    会社の近所じゃんW
    駅のそばのとんかつ『 燕楽 』のとんかつ定食\1,200-は絶品ですよ!!

    返信
  2. えるえむ

    VIPROSKINGさん,コメントありがとうございます^^
    今度一緒に伺ってみましょうかw

    返信
  3. えるえむ

    akimitsuさん,コメントありがとうござます^^

    おおっと,いつの間にかSDAPのサイトの説明が増えてますね。
    どうもネットの評判は気になるのか,アクセス解析ページからこちらのBLOGに数度いらしてるようなので,色々とご配慮いただいたのかもしれませんね。

    使用しているM/Bは下記だそうです。
    http://www.ricoh.co.jp/fbx/FB8M.html

    これラッパーなんですかね?<SoundFidelity SDAPcontol

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です