PCオーディオの流派を考える(データ処理編)

closeこの記事は 6 年 6 ヶ月 22 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 PCオーディオのには大きく分けて4つの流派があるように思われます。皆さんはどの流派でしょうか。
 PCオーディオについて相手と意見交換をする場合には,自分の流派,相手の流派,をきちんと把握しておかないと,話がかみ合わなくなったり,下手をすると喧嘩になってしまうかもしれません。せっかくの同好の士なのにそういうことがあると不幸ですから,何度も意見交換をしている相手ではない場合には,それとなく自分のスタンスを伝えつつ相手のスタンスを尋ねる(もしくは探る)と良いのではないでしょうか。
 言うまでもないことですが,以下の分類方法もある一面からみたものに過ぎませんから,参考程度の分類とさせていただきたいと思います。

▼バイナリ至上主義派
 CDから正確にデータをリッピングした以上,それを改変することなくDACに送ることが重要であるとする流派です。
 DACそのものは既にお気に入りのものがあり(大抵はオーディオ専業メーカーのハイエンド機を使っていたりする),性能的にも満足しているので,それをいかに生かすかという立場でしょうか。前提としてCDに記録されたデータを正確な状態で記録しなければならないことから,ハードおよびソフトの選択肢が狭まります。
 この「正確な状態」の理解が統一されていないので,バイナリ至上主義派は実態としてはさらに3つに分かれているような印象です。これは,クロックだジッターだと盛り上がっている場合にPCを改造するという点では結果的に一緒なのですが,改造がどの要素に功を奏するのかという部分の解釈が若干ずれているということです。

○バイナリ一致すれば再生音は同じだよ派
 ジッターの変化が人間には聞き取れたという科学的根拠(学術論文など)の不存在を理由に,ジッターの変化は人間の耳には聞き取れないから,バイナリが一致すれば再生音は同じであるとする立場です。
 この立場ですと,バイナリが一致する限りリッピング用ドライブはどれでもよく,バイナリが一致する限りリッピングソフトによる違いは無い,という理解になります。論理としては非常に明快で論理破綻はありません。
 バイナリとジッターの関係を誤解している方は,音が違うのだからバイナリが違うはずという結論に陥りやすいですが,この立場の本来的な解釈としては,バイナリが一致していて音が変化して感じるのであれば,それは人間の思い込み(placebo)である,ということになることに注意しましょう。
○バイナリ一致すればデータは同じだよ派
 バイナリが一致すればあとはデータそのものは同じなので,聴感上の変化は全てジッター由来(少なくともデータの変化ではない)であるとする立場です。
 この立場ですと,基本的にはバイナリが一致する限りリッピング用ドライブはどれでもよく,バイナリが一致する限りリッピングソフトによる違いは無い,という理解になります。ただし,ジッターに影響する可能性があると各自が判断したものについては適宜取捨選択することになりそうです。
 このように音の変化の要因を全てジッターに押しつけることになる点には批判もあるわけですが,論理的に矛盾しているわけではありません。とはいえ,ジッターに影響するという結果を示せていない以上は,仮説の域を出るものではありません。
○バイナリ一致でも不十分だよ派
 これに対して,リッピングドライブやリッピングマシンの改造がそのまま音質に影響するとする立場も存在します。特徴的なのは,ジッターの議論とは別に,バイナリが一致していても音が変化することがあるとする点です。
 この立場ですと,リッピングドライブの取捨選択にとどまらず,ドライブそのものを改造したり,保存媒体も改造したりと,あらゆる点で妥協が難しくなります。
 PCオーディオはオーナー独自の工夫がリッピング環境に施されることも多く,PCをソフトウェア的にもハードウェア的にも改造しまくる方いらっしゃるので,そのなかで経験的にそう感じているということだと思われます。この立場の根拠を論理的に説明するのは非常に困難です。

 バイナリ至上主義派は,思想として排他的にならざるを得ず,他の流派を混ぜた解釈は困難です。まさにバイナリ・ドグマという感じですね(笑)。

▼アップサンプリング・アップコンバージョン派
 CD規格のWAVデータを24bit・96kHz?192kHzのデータにソフトウェアでアップコンバージョンしたものを再生することが重要であるとする流派です。
 既存のDACで使われているLPFの性能を問題視して,それならいっそリアルタイム性を捨ててでもフィルタの精度を出来るだけあげて,折り返し雑音をできるだけ可聴帯域外に追いやるほうがよかろうという発想で,単なるゼロデータ補間ではなくDAC側の負担をデータの加工で補ってやろうという立場です。
 従来のピュアオーディオ志向にどっぷりでない若いオーディオファンはわりとこの立場を取る方が多いような…。どうせDACでオーバーサンプリングするんだから,時間かかってでも手持ちのDACの欠点をフォローできるほうがいいという考えは一理あります。
 ただしエンコードに時間かかるのでHDD容量と時間が余っている人向けなのと,ハイビットレートでデータをやりとりするので,ジッター耐性が低くなりがちです(ジッターに対する要求度が厳しくなるため)。

▼イコライジング派
 積極的に音をいじることができるのがPCのメリットと考える流派です。
 一般にオーディオ機器を用いて周波数特性等々を調整できる範囲というのはかなり狭いので,PCの有り余るCPUパワーを使ってこれを自在に実現しようという発想ですね。
 この流派の場合,「良い音」=好ましい音であって,CDに記録されているデータを忠実に再現するために何をすべきかという視点の他の流派とは立ち位置がかなり違うのも特徴的です。最短経路として耳で聞いて違和感が少ないかどうかで判断すべしというアプローチもありでしょう。
 たとえば,最近高音質化を謳っているiTunesプラグイン形式のアプリ(AmarraやPureMusic)は,アップコンバージョン+イコライジングの合わせ技で音を作っているように思えます。ソフトウェア的にもちょっと面倒かつハードウェア的にはほとんどいじりようがないMacユーザーの間で流行しているのも頷けます。

▼利便性最重要視派
 とにかくリッピングしたデータをCDをかけ直すなんて手間をかけずに好きなように選んですぐ再生できるという点にメリットを見いだしている流派です。
 簡単な操作,簡単な手順でデータ化し,わかりやすいインターフェースで操作できることを重視するので,その点を害さない範囲で音質を考慮する方もいることでしょう。たとえば,DAC以降で好きなように仕上げていくというのも一つの方法です。
 実はPCオーディオユーザーを広くとらえた場合にはこの立場が一番多いように思われます。メーカーさんはここの層をいかに取り込んでいくのかが勝負でしょう。

 さて,皆さんはいかがでしょうか。これらのなかには両立させることができる部分もありますから,各人の理想に向かって色々と組み合わせてみるのも面白いと思います。以上,ご参考まで。

【2010/05/23】
 匿名希望さんのコメントを受けて,分類を若干改めました。ご意見ありがとうございました。

【2010/05/24】
 4D53さん,juubeeさんのコメントを受けて,分類を若干改めました。ご意見ありがとうございました。

【2010/05/25】
 Radius Rocketさん,pippinechoesさんのご意見を受けて,分類を若干改めました。ご意見ありがとうございました。

PCオーディオの流派を考える(データ処理編)」への10件のフィードバック

  1. RadiusRocket

    こんにちは

    流派で言うなら私はどれにもあてはまりませんね
    実験としてリッピングを複数ドライブで行ってバイナリ比較なんぞ
    やってみましたが、本質は気軽に曲をとっかえひっかえいろいろ
    聞きたい流派です

    返信
  2. 匿名

    一つ目がほぼ全員
    二つ目がごく少数
    三つ目はそもそもピュアなんて意識しない層なので

    こういうのはどうでしょう?
    ▼バイナリ至上主義派
    AccurateRipに一致している以上はリッピングファイルの音質は変わり様が無いと信じる

    ▼アップリッピング・アップコンバージョン派
    リッパーソフトの諸条件、読み取り速度、ドライブやPC本体等ハードの振動や電源対策を行うことでCDDAのビットから作ったバイナリ一致しているはずのWavファイルの音質が向上すると主張する

    ▼イコライジング派
    無圧縮でリッピングしただけで満足し、他人の結果とバイナリ一致なんてしていなくとも全く気にしない

    返信
  3. 4D53

    こんにちは

    リッピング時にバイナリ一致でも音が変わるかどうかと言う議論に関してですが、例えばHDDならば円盤に書き込んでますから、データよりもローレベルでアナログ的な磁気の状態に差は出るでしょうし、それは再生時にHDDのメカニカルな動作等を通じて消費電流パターンに変化を齎しますから、リッピング時にバイナリ一致でもジッタという現象を通じて音が変わる可能性は合理的に説明できると思います。程度はともかく原理としてはCDの盤の状態による差異と同じような話ですし。

    フラッシュメモリやDRAMとなると現象が異なってきますが、オカルトに足を突っ込まなくても既存の科学で説明可能な範囲なんじゃないかと言う気がします。突き詰めると一昨年のアコリバCDのフラッシュメモリに対する事前マイナスイオン処理の効果もありえない話じゃなかったりして。(マイナスイオンへの突っ込みやデータ改ざんはともかく、ですが)

    結局のところ、記録メディアに一度収めるとそれまでに発生したジッタの影響が完全に失われるか否かがポイントですよね。この部分で、変わる派も代わらない派も、失われるに決まってると言う思い込みがドグマになっていて、ジッタでも説明できないオカルトであるかのように見えてしまっているのが現状では無いでしょうか。

    返信
  4. juubee

    面白いまとめ、有難うございます。

    >リッピング時にバイナリ一致でも音が変わるかどうかと言う議論に関して
    4D53 様にまったく同感です。
    音が変わると感じている方は、慎重な発言に終始するより、そろそろ物を言っていくべき時期ではないかと思います。

    4D53様がおっしゃるように、HDD内での磁気的状態やメモリーセル内での電気的状態も、デジタルとして扱われるとしても、ハードに近い部分ではもちろんアナログですから様々な状態の違いがあるはずだと思います。

    最近になってCD-Rでも同様だと(やっと 笑)気づきました。CD-Rメディアが同じ場合でも、書き込む環境の違いによって音が大きく変化します(もちろん、それをリッピングしてもバイナリは一致します)。ここ何年かはその環境の違いをそれなりに追求?してきたわけです(^^;;

    CD-Rの場合だと我々ユーザーでもいくつか測定できますし、プロ用の測定器での結果も目にすることはありますが、ことHDDやメモリーとなると、(少なくとも私は)普段目にすることがないですね。例えば、CD(-R)では代表的な測定になっているエラーレートの測定、つまり、読む時のエラー発生と訂正の状態、とか。
    それが直接音の違いに結びつくかどうかは別として、こういったものがどこかにあればそれらを紹介していくのも一つの方法かと思います。

    ただ、それより前に、CD-DAの再生でもリッピングでも、バイナリ不一致になることはまずない、ことを周知徹底させておく必要がありそうです。音が違うのをバイナリが違うせいにしたがる方が後を絶たないので・・。

    返信
  5. 4D53

    バイナリ一致派の中でのさらなる分類は、リッピング時と再生時のジッタの存在と影響の認否を基準に置くと判りやすいのではないかと思います。

    1:リッピング時・再生時問わずバイナリ一致していれば音は変わらないよ派
    a:そもそもジッターなんて存在しないよ派
    b:そもそもジッターの影響なんて聴感上で感じ取れないよ派

    2:再生時はバイナリ一致でも音は変わるけど、リッピング時の環境はバイナリ一致さえすれば音に影響しないよ派
    a:静的メディアへの記録でジッターは完全にキャンセルされるよ派
    b:静的メディアへの記録でジッターは低減されて聴いても判らなくなるよ派

    3:再生時はもちろん、リッピング時の環境もバイナリ一致していても音に影響するよ派
    a:静的メディアへの記録でジッターは完全にキャンセルされるけど、それでも音は違うよ派
    b:静的メディアへの記録でジッターは低減されるけど聴いて判るよ派

    PCオーディオに取り組んでおられる方が今更1の立場と言う事はまず無いでしょうから、問題になるのは2と3ですよね。

    リッピング時のみ用いるハード・ソフトを再生環境から完全に切り離した上で、リッピング時の環境差が再生時にも影響していると感じるのはPCオーディオ環境を相当に突き詰めた方に限られるのではないかと思うのですが、2か3かを分けるのはそこでしょう。

    3のaかbかを分けるのは・・・どこまで説明を試みようとするかのモチベーションの問題でしょうか。

    あと、ジッターと言う概念の扱いについてのお話もあったので自分の考えを書かせて頂きますと、デジタルオーディオにおいては、D/Aコンバータの動作における時間軸方向の揺らぎのみジッターと呼んで、それを引き起こし得る事象全般をジッター要因と呼ぶと判りやすいかなぁと思っています。(一般的にはデジタル信号の時間軸揺らぎは全部ジッターと呼ぶと思いますが)

    上の分類の2や3のようにリッピング話で単にジッターと言うと、「静的なメディアへの記録なのに時間軸揺らぎ?ハハッw」と安直に否定されて話が続かなくなりますが、ジッター要因と言えば落ち着いて考えて貰える可能性が多少増えますので・・・

    返信
  6. 匿名

    HDD、SSD、USBメモリ等のメディアの違いや接続方法の違い(置き場所の差)でコピーファイルの音が変わることは十分あり得るかも知れませんが同じ物の中での位置の違いやフラグメントの状態等は手を出しかねますね・・・
    バイナリ一致していてもファイルの音が変わると言う人たちもそれはあくまで不安定なCDDAからのリッピング時に限る話でネット配信やDVDでの生Wavコピーでは絶対に変わる訳が無い、と言うのが今の所の常識なんでしょうか。

    取り合えずも安物CDPだろうと安物サウンドカードだろうとビットパーフェクトなデジタル出力をする事は非常に簡単である(データとしては完璧)が、ジッターと言うか位相ノイズと言うのか時間軸情報の質がアナログチックに上下することで音質が連続的に変化する、それもノイズが加わると言うような物ではなくスカスカになったりブーミーになったり平面的になったりと根本的な劣化をする事を周知させないといつまでもオカルトの謗りを受けてしまいますね。

    返信
  7. 4D53

    >Anonymousさま

    記録メディア上での配置やフラグメントの問題ではなくて、同一の物理セクタ上に同一のデータが書き込まれたとしても、書き込みを行う際の電気的・物理的な状況によって実際に記録される磁気や電気のアナログ的状態に差異が生まれるのではないか、と言う仮説になります。もちろん、デジタルデータがエラーなく維持されるためのスレッショルドを下回らない範囲での話です。

    デジタル伝送品質の評価として信号のアイパターンを見るというのがありますが、あれはデジタル信号の電気的振る舞いをアナログで見てますよね。記録メディア上の磁気や電荷の様子をアナログ的に見た場合にも状態に差が出るのはこの宇宙がアナログである以上は当然の事ですので、あとはそれが聴感上の差を生むほどに再生時のデジタル出力の品質に影響を及ぼすのかどうかと言う問題になると思います。

    返信
  8. 匿名

    う?ん、磁気ディスクやNANDメモリへの1と0のビット情報の記録に於いてCDR焼きの様に品質に差が出て、それがPCのメモリ上への読み出し易さへの差として現れて結果的にCDPでピックアップのサーボノイズの多寡のような音質さとなって現れるかも・・・ですか。

    それだと一度ストレージに記録した後にファイル複製をすれば全部キャンセルできそうと言うか、個人的にはPCはそこまで敏感に反応出来るほど繊細なトラポにはなって無いんじゃないかとも思いますね。(セクタからの読み取りやすさの差はある事にはあるでしょうが、PC自体の作動ノイズでかき消されてしまうほど微細な違いじゃないでしょうか)

    もしそれが本当にあるとするとデータバックアップの為の一時退避をするとライブラリの音質が変化してしまうなんて・・クラクラしてきました。

    返信
  9. 4D53

    >Anonymousさま

    普通のPCだと他の要因に埋もれて全く表面化しないんじゃないかと私も思います。リッピング時の環境で再生音が違うと仰る方は、ちょっと尋常と思えないレベルでPCの電源強化やノイズ対策をされてる方に限られてるように見受けられますし。

    現時点での私の個人的な仮説では、仮に差が判るとして、究極低ノイズ環境で一度書き込んだストレージを、普通のPCに繋ぎ変えてコピー作業したら、コピー先データからの再生音は劣化しそうな気がします。

    実体験したくてもハードルが高すぎて、現状では追試できそうもないのが残念ですが・・・

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">