PCオーディオの流派を考える(バイナリ一致を掘り下げよう編)

closeこの記事は 6 年 6 ヶ月 11 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

皆さん盛り上がってますね。コメントありがとうございます。

さて,私の考えを少し申し述べますと,まず原理原則論として,ジッターが問題になるのは「録音」と「再生」の二つの局面だと思います。

CD-Rのピットジッター等々が結果的に音の変化要因となっているのは,これが4D53さんがおっしゃるところの「ジッター要因」だからで,すなわちCDを回転させて読み取るメカニズムの重大な欠点とされてきました。
これに対し,音楽制作環境においてはDAWによる制作が当たり前となり,既に円盤を回転させる場面というのはほとんど無くなっています。従って,CD(円盤)再生環境と,非円盤再生環境を同列に考えるのは問題の所在を曖昧にしてしまうのではないかと考えています。

もっとも,音楽制作の現場といえども,「再生」音を聞いて判断するわけですから,「再生」時の「ジッター要因」によって音が変わることは大いにあり得ることでしょう。
たとえば,クロックの位相雑音を問題にする場合,あらゆる意味で電源品質は非常に重要で,その観点でみてみるならば,非円盤再生環境であったとしてもジッターの問題は解決したわけではありません。

では,仮にPCオーディオにおいて,記録状態によりバイナリが一致したとしても音が違うという聴感上の結果を,バイナリでは評価しえないデータのわずかな違いの結果であると定義したとします。
この場合,仮説とするにしても筋道を作らなければならない問題点がいくつかあります。なかでも避けて通れないのは,以下のような点ではないでしょうか。
(1)PCはHDDのデータを直接再生しているわけではなく一度RAMに複製してから再生しているが,HDDのデータの違いはRAMにコピーしても反映されるのか?
(2)リッピング時にSLCタイプのSSDに記録した場合,ドライブごとの差は再現可能なのか?
(3)LAN経由でNASや別マシンから読み取ったとしてもドライブごとの差が再現可能なのか?

また,現実問題として,今話題になっているPCオーディオには二つの課題があって,第一に,ジッター要因を詳細に切り分けて実験するのが難しいこと,第二に,ジッターの議論は結局1000万円クラスのオシロを使って測定して結果出してなんぼだが素人には難しいしやっている人はタダで見せる気はない(笑)こと,が挙げられます。
やはり,ズブではない素人のオーディオさんを拝読していたりすると,音が変わる(良くなった)から低ジッターになったはずだとか,簡単に発言するのは抵抗があります…。ジッターの議論かくあるべし。素晴らしい内容です。クロックの議論は測定なしにはらちがあきません。

PCオーディオの流派を考える(バイナリ一致を掘り下げよう編)」への7件のフィードバック

  1. 匿名

    現実の測定値としてのジッターなんて素人には手を出しかねますね。

    普通のオーディオマニアがジッターと言う言葉を使うときはデジタル音声信号での音質差を引き起こし得る要因という包括的な意味でしか使ってないでしょう。兎にも角にもWav録音すればバイナリ一致するストリームは出ているが、何故か音が変わる。その原因は時間軸情報に他ならないからそれを全てジッターと表現してしまえ、と。

    その測定値がプロの技術屋さんの視点で綺麗であってもオーディオマニアにとって好ましい結果が出るかどうかとは無関係ですからね。「ジッタを少なくすればするほど音質は最高になるんだ!」と言う競争に陥るのも無意味かと。

    返信
  2. RadiusRocket

    ジッター、ジッターと騒いでみても、誰でも感知できるほどのものなのだろうか?
    誰でも感知できるほど発生していたら、それはもう故障のレベルではないかと・・・

    返信
  3. 匿名

    ビット情報が検知出来なくなるほどの瞬間的な大ノイズと恒常的なビット間の間隔のブレと、前者はプチノイズとして後者は音質変化として現れるのかな?

    返信
  4. 闇異人

    こんばんは、お久しぶりです。

    (1)に関してですが、これは聞き分け可能と思います。

    当方では、HDD内のデータを「cat>null」でキャッシュメモリに展開してから
    聞いておりますが、Seagate と Western Digitalでは同じ曲をできるだけ同一の
    環境でリッピングしても、違う音に聞こえます。

    まあ、プラシーボと言われてしまうとそれまでなんですが・・・。

    返信
  5. baldarfin

    今日は。

    ハードディスクが違うと、音が違いますが、
    これが、「バイナリでは評価しえないデータのわずかな違いの結果(記録状態の違い)」かどうかは、難しい問題だと思います。

    ハードディスクの振動の状態によって、
    同一のハードディスクの同一の音楽ファイルの音は、違ってきます。

    買ってきたままの状態で、まず記録し、それを聴く、

    そのハードディスクに防振処理を施した後に聴く、
    とでは、かなり音が違います。

    細かなことを言えば、ハードディスクをつなぐケーブルが違えば、
    (多分)音が違います。

    と言うのは、私のPCはATA接続なのですが、
    同一のハードディスクの同一の音楽ファイルを聴いても、
    同じケーブルのマスター側につなぐ場合と、スレーブ側につなぐ場合とでは音が違います。
    (おそらく、ケーブル内の構造の問題?)
    ですから、異なるケーブルであれば、多分、音が違うと思われます。
    また、マザーボードの違う端子にケーブルをつなぐと、端子による音の違いも生じる可能性があります。

    ハードディスクが違えば音が違うのですが、
    音の変化する要因がたくさんあるで、
    記録状態の違いによって音が違っているかどうかは、判別困難だと思われます。

    「バイナリでは評価しえないデータのわずかな違いの結果(記録状態の違い)」で音が違うかどうかは、
    少なくとも、全く同じハードディスクで、できれば同一ハードディスクの同一部分に記録したものを比較しないと(できるのか!そんなこと?)、正確な評価はできないのではないでしょうか?

    返信
  6. 闇異人

    baldarfinさん、こんばんは。

    おっしゃる通りだと思います。

    私の場合はiMacにFireWire Toasterを接続していますので、ドライブ以降の環境は
    ほぼ同一です。
    ただ、セクタの違いとかチップの違いとかになってくるとお手上げです。

    ですから「バイナリでは評価しえないデータのわずかな違いの結果」か、どうかは
    分かりません。
    しかしながら、HDDと一次メモリ間のデータ転送にはバイナリ一致が保証される
    転送方式が使用されていると記憶していますので、キャッシュに送られた時点での
    バイナリは一致しているはずだと考えました。
    (1)の論旨はHDDから出力される、同じはずなのに違う音がするデータがその後
    同一の環境(この場合はキャッシュメモリ)に移っても引き継がれるのかどうかと
    いうことにあると思いましたので、そういう意味でなら私の環境でも違いがあった
    という、単なるご報告です。

    つまらない報告ですみません。

    返信
  7. baldarfin

    闇異人さん、今晩は。

    いえいえ、私は、実は、もしかしたらちょっと外しているかも…と思って書いていました。
    闇異人さんの捉え方が、正しいのかも知れません。

    この前の記事もそうなのですが、
    一体どこのことを話しているのか、
    私には、ハッキリと分かっていないような気がします。

    パソコンのハードディスクに記録した音楽ファイルを再生する場合。デジタル部分に限ってみても、音の変化しそうな部分がたくさんあるので、…一体どこのことを話しているんだろうと…思ってました。

    1. ハードディスクの記録の何かしらの違い
    2. ハードディスクの記録をヘッドで読み取る時の何かしらの違い(ディスクやヘッドの振動状態の違いがあれば、全く同じ記録を読み取っても違いがでてくるかも)
    3. ハードディスクの基板上での処理時(電源のクリーンさとか振動状態とか)
    4. ハードディスクとケーブルとの接点の状態
    5. ケーブルの状態の違い
    6. マザーボードの電源、振動状態などの違い
    7. メモリーの接点や振動状態などの違い
    8. CPUの接点や振動状態の違い
    などなど
    書き出したら、まだまだありそうですが、とにかく、たくさんあります。

    少なくとも、8.CPUの振動、接点(接点改善剤で接触抵抗を抑える)は、音の変化が大きいです。
    また、ハードディスク、マザーボードの不要振動を抑えることは、かなり音質に影響します。

    私の場合、不要振動を抑えることを中心にやっているのですが、
    パソコン内(デジタル)もアナログ部分も、同じように音が変化します(デジタル部分とアナログ部分では、音の変化の感じがやや違うことはありますが)。

    何にしても、音の変化する要素が、あまりにもたくさんあるので、
    どこが同じで、どこが違う場合の話なんだ???
    と思いながら記事やコメントを読んでいます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">