PCオーディオ本『PCオーディオガイドブック』 予約受け付け開始!

closeこの記事は 6 年 6 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

お待たせいたしました!
ついに初公開の表紙とともに,フジヤAVIC様にて予約受け付けを開始させて頂きました!

もちろん通販に対応して頂きました!しかも送料無料・代引き手数料無料とは…フジヤさんは本気ですね…。
オーディオショップで買い求めたいという方はお早めにどうぞ。数量には制限がありますので,無くなってしまった場合には基本的にコミックマーケット当日か同人ショップでお買い求めいただく形になります(その他オーディオショップでの取り扱いは後述)。

https://www.fujiya-avic.jp/netshop/221_4638.html

某氏のお力添えで,日本一見た目のかっこいいオーディオ書籍になったと思います!実物はもっとすごいですよー。是非お手にとってお確かめ下さい。下掲画像は表紙カバーで,表紙はまた別デザインです。中身ももちろん負けないようにがんばりました。

【本書の概要】
書籍名:『Theme:Spatiality PCオーディオ ガイドブック』
副題:PC AUDIO&DIGITAL AUDIO GUIDEBOOK
版型:B5版
頁数:約350ページ(!)
文字数:23万5000字(笑)

デジタルオーディオの基礎を踏まえつつ、PCオーディオ入門からPCの高音質化のノウハウまで、オーディオ専門誌では省略されがちな部分にスポットを当てながら、PCオーディオのセンスを磨くことが出来る一冊です。
手持ちのPCで良い音を出したい方にも高音質なオーディオ専用PCを作りたい方にも役立つ情報が満載。

【主な内容】
PCオーディオの下準備(オーディオ入門編)
PCオーディオの基礎知識(PCオーディオ入門編)
PCオーディオへの理解を深めるための知識(PCオーディオ応用編)
PCオーディオ実践編
PCトランスポート模索編
PCトランスポート発展編

見本はこちらです。目次を含めた冒頭11ページ分ございます。
PCオーディオガイドブック見本101203

実はまだ皆さんにお伝えしていませんが,面白い試みをしています。専門誌ではたまにみかけますが,同人誌ではなかなか難しいことだと思います。こんなことまでやって物好きだね~と笑って頂ければ幸いです。

【価格について】
オープン価格(販売価格は2000円前後でお願いしています)となっております。
色々ありまして印刷費が高騰してしまったため,第2刷があるとしても(そんな売れるとは思っていないので全く考えておりませんが),今回の価格でご提供することは出来ないと思います。とにかく安く買っておきたいという方はこの機会に是非お買い求め下さい。

【その他オーディオショップでの取り扱いについて】
1月中には,オーディオショップ系の数店舗様で若干数お取り扱いがある予定です。ただし数量は本当に若干数(全体の1割以下)なので,確実に手元に欲しいという方は今月中にご予約下さい。

【同人流通について】
同人ショップさんでもお取り扱いが決定しております。本書の他にショップオリジナルのカバーが購入特典としてつきますので,カバーにご関心がある方は同人ショップ流通をご検討下さい。
詳細については後日ご案内できるかと思います。

余談ですが,実はまだ印刷所に入稿していません(汗)。現在ラストスパート中です。週明けには画像を提供して頂いたメーカーさん宛に確認用データをお送りしなければならないのでもう文字数的には殆ど増えないのですが…。縁起でもないですが,私の身に何か起こるとか,万が一の場合には,予約は取り消しになってしまいますので,その点はご了承下さい。

PCオーディオ本『PCオーディオガイドブック』 予約受け付け開始!」への35件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. ピンバック: FUJIYA AVIC フジヤエービック

  3. ピンバック: 合世鏡瑠奈

  4. ピンバック: FUJIYA AVIC フジヤエービック

  5. ピンバック: serieril(せりえりる)

  6. ピンバック: ごう

  7. ピンバック: ユキ / 雪

  8. ピンバック:

  9. ピンバック: artcrew

  10. ピンバック: 右利きの真実

  11. ピンバック: 47AgDragon/城所委佐武

  12. ピンバック: Jhon Smith

  13. ピンバック: Yoshi

  14. ピンバック: maru_m

  15. ピンバック: えるえむ

  16. ピンバック: wms

  17. ピンバック: 笹山登生

  18. ピンバック: たねぞう

  19. ピンバック: myi

  20. ピンバック: h

  21. ピンバック: AMANDLA

  22. ピンバック: 白凛黒吏

  23. ピンバック: 白凛黒吏

  24. ピンバック: Arata "Raydive" .N

  25. baldarfin

    ついに出版ですね。

    今日はこれから京都へ、カメラを持ってでかけるので、
    帰ってきたら、

    予約しま~っす!!!

    返信
  26. baldarfin

    いまさっき、フジヤさんに予約しました。
    とりあえず、1冊だけ。
    (買い占めて、後からヤフオクで、1冊4000円くらいで売る、と言うのも考えましたが…)

    返信
  27. えるえむ 投稿作成者

    baldarfinさん,コメントありがとうございます。
    お買い上げありがとうございました。1冊あれば十分だとおもいます(笑)。
    そんなプレミアが付くなんてことは無いはず…。

    返信
  28. nissy

    完成(間近)おめでとうございます!

    ありゃー!フジヤさん、すでに予約修了って...
    えらく反響が大きいですね!
    ショップか同人誌での入手しかなさそうです。

    返信
  29. ピンバック: えるえむ

  30. ピンバック: Chris

  31. ピンバック: 立福 寛

  32. ピンバック: りんりん@31東へ05b

  33. ピンバック: まりえ

  34. えるえむ 投稿作成者

    七誌さん,コメントありがとうございます。
    私もRAMの銘柄でバイナリが変化するというのは不良品以外はあり得ないと思います。音場感については,バイナリが一致していても変化する要素は他にも仮説としては存在しますから,仮に変わるとすればバイナリ以外の要因で変わるのではないでしょうか。
    なお,Impressさんの写真からは解らないのですが,ご指摘の項目は筆者の経験に基づく個人的な感想をまとめたものとして掲載しているもので,理論的あるいは実証的な根拠が非常に乏しい旨あらかじめお断りをして掲載しているものです。
    本書は3部構成になっておりまして,序盤が入門向けの記事,中盤がデジタルオーディオの基礎理論と検証,終盤がPCオーディオの経験上得られる知見,となっております。終盤は理論的な説明が難しいので,とにかく音が変化するように筆者にとって感じられるものを掲載し,理屈抜きにとにかく音をコントロールして自分の好みの音にしたいというエンスーな方の知識欲を満たすために掲載しております。
    理論面を重視される方にとっても,特に中盤の記事はオーディオ分野における他の一般向け書籍と比べても非常に解りやすいと高い評価を(もちろんPC業界の方からも)頂戴していますので,是非ご覧下さい。
    また,UMAXがDDR3になってから相性問題が頻出しているという話を直接コメント等で頂いたのは初めてです。ありがとうございます。ご指摘の記事はDDR2時代の感想でしたが,誤解を招くといけませんので,次回の印刷分から加筆修正を施しております。よろしければ現物を販売店様店頭にてご確認ください。
    今後とも,気になる点などございましたら,遠慮無くご指摘ください。出来ましたら,もう少し紳士的なお言葉でご投稿頂けますと幸いです。この度はありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">