PCトラポ構成(その2)

closeこの記事は 10 年 7 ヶ月前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

拙宅のPCトランスポートには,CD/DVDドライブがありません。

データはすべて読み込み用(≠専用)マシンで読み込み,必要なデータのみ転送する方式を採用しています。
この方法は,PCトランスポートの消費電力を減らすこと,および,CDドライブに使用されている鉄のフレームを排除することができることにメリットがあるわけですが,その一方で問題も出てきます。

それが,ネットワーク機器による音質の違いです。
たとえば,VDSLモデムをひょんなことから手に入れたのですが,なんとかなり音が違うのです。
旧バージョンのほうが中域?高域にかけてなめらかで,新バージョンのほうがHiFi調。
そんな比較試聴の結果を公表することに意味があるのかはさておき,実際問題として,音の違いはありました。

VDSLモデムですら音がかわるのですから,無線LANルータ,HUBは況やです。
特に無線LANルータは電磁波をかなりまき散らしていて,曲者です。
なかなか対策は難しいとはおもいますが,アルミホイルで巻いてやるだけでも結構違うのではないかとおもいます(もちろんアンテナを塞いではいけませんw)。

変化量の度合いは,無線LANルータ>HUB>VDSLモデムでしたが,HUBは電源内蔵モデルにしてあるので,もしかしたら(もしかしなくても)電源ケーブルの交換で凄く化けるかもしれません。
この結果は,よいめがね型インレットプラグを使用したケーブルが手に入り次第(もしくは制作し次第)ご報告したいとおもいます。

PCトラポ構成(その2)」への4件のフィードバック

  1. キン肉マン

    前にも言ったかも知れませんが、PC間の音声データのやり取りは
    ネットワークコピーよりFTPの方が断然良いらしく、私の前の職場では
    FTPに統一されていました。
    私も比較したわけではないので何とも言えないのですが、試してみては?

    返信
  2. えるえむ

    >キン肉マンさん
    FTP鯖をたててなんだかんだとやるためには,マシンがもう1台必要になりそうです…。
    まさか音質向上のために鯖をたてる事になろうとは…。

    鯖は全然勉強してないので,一からぼちぼちはじめたいと思います。
    ちょっと時間かかるとはおもいますが,試してみますね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です