PCトラポ構成(その3)

closeこの記事は 10 年 5 ヶ月前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

今回のエントリは,PCトラポで意外と注目を浴びていない点を含め,改めて要点について言及したいと思います。

皆さんCPUとかHDDとかのメインパーツの構成ばかり注目されてますが,他にも注目すべき点はたくさん有ります。
選択の際共通しているのは,消費電力の小ささ,パーツ数の少なさです。前提として,オンボードの機能は極力BIOSレベルで殺してしまう必要があるという点に注意してください。
また,再生ソフトやOSのチューニングで音はかなり違います。こちらは,レイテンシの低さやRAMの使い方のうまさ,メモリ使用率の低さが指標となります。

今回は,
1.VGA
2.LANカード
3.OSのチューニング
4.再生ソフト
5.リッピングソフト
の点について,簡単に触れたいと思います。

▼VGA
VGAの選択はそれほど難しくはありません。要するに最も消費電力の小さいカードを使用すればいいわけです。
Mobily Radeon等のノート用VGAで必要十分です。

▼LANカード
1000BASEのLANカードはノイズが飛躍的に増加してしまうので,100BASEのLANカードを用いるのが良いでしょう。
特にintel製のLANカードは動作も安定しており,お勧めできます。特に,82559シリーズは良いですね。
ただ,82559シリーズは秋葉原以外ではあまり潤沢に流通していないので,地方の方は入手製が悪いかもしれません。

▼OSのチューニング
とにかくCPU使用率を下げることが必要です。
余計な機能はすべてオフにして,背景は黒一色です。ゴミ箱アイコンも消してしまいましょう。
当然XPならクラシック表示必須です。さらに,常駐するソフトも最低限にしなければなりません。
上記の条件を満たすためには,専用マシンを組むしかないわけです。
実際にやってみるとわかることですが,メモリ使用率は音質に相当影響してきます。
SN比だけでなく,音像・音場にも影響しますし,帯域バランスも変化します。

▼再生ソフト
まず,前提としてwindows標準のミキサーを通さないことが必要です。無駄なリサンプリングとボリュームの経由は音質が必ず劣化します。そこで登場するのがASIOです。PCトランスポートとしてきちんと動作させるには,まずASIO対応か否かというところからプレーヤーを選択しなければなりません。
ASIO対応のフリーソフトだと,winampにASIOプラグインを使用するか,lilithを使用するか,foobar2000にASIOプラグインを使用するのが良いと思います。それぞれASIO出力でも音色が違います。RAMの使い方も違いますから当然でしょう。
市販のものだと,やはりオーサリングソフトとして実績のあるものを使用するのが良いと思います。すると,Samplitudeかnuendoということになりますね。RAMの使い方が上手なのはSamplitude,ASIOの使い方が上手なのはnuendoです。どちらも得意分野がはっきりしてますから,あとは使用者の好みでいいとおもいます。
体験版も出てますので,実際に使って音の好みに合う方を選ばれるとよいでしょう。
ちなみに,Plextor製ドライブがマシンにはいっていると,Samplitudeは隠しモードとして読み込み専用モードなるものがでるらしいので,さらなる音質向上が見込めます。

※サウンド出力機器の選択も同様です(ちなみにONKYOのカードはどれもASIO非対応です…)。
 結局現実的な値段で残るのはRMEかM-audioくらいしかないとおもいます。

▼リッピングソフト
HDDのなかにCDのデータをWAVとして保存する場合,CDをリッピングするソフトが必要です。
一般的に実績のあるソフトとしては,Exact Audio Copyがあります。
こちらはフリーソフトですが非常に使い勝手が良く,リッピング性能も高いです。
リッピングソフトは他のものをあまり試す機会がなかったのですが,CD2WAVも定評がありますので,こちらもお勧めしておきます。

PCトラポ構成(その3)」への4件のフィードバック

  1. Akimitsu

    SamplitudeのPlextorモードは読み込みが0.5倍速くらいになるのがガンですねぇ。
    Lynxの各種カードも個人輸入すると案外現実的な値段ですよ。
    もう少し円高が進んでくれると嬉しいんですけどね。

    返信
  2. えるえむ

    そんな遅くなるんですか…。
    通常使用するにはちょっとまずいレベルですね。
    Lynx系カードは,デジタル出力のみならあんまり必要としなくてもよいかなと思っています。
    まぁ,比較試聴したことがあるわけじゃないので,興味はありますけど^^;

    返信
  3. Q2

    ん?、と言うより単体使用だと、RMEより断然良いですよ>Lynx
    外部clock入力すると、二社の差異は殆ど無くなります。

    返信
  4. えるえむ

    なるほど。RMEはクロックがしょぼいんでしたね。
    クロック無しの環境にするなら,LynxにいってしまうほうがCP高そうですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です