PCオーディオ3人集いて…

closeこの記事は 7 年 3 ヶ月 10 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

▼nissy邸オフ
 Philewebでお知り合いになったnissyさんのPCトランスポートが素晴らしい情熱と物量をかけているということで,早速伺って参りました。同じくPhilewebでお知り合いになった本日のコーヒーさんもご一緒されました。コーヒーさんのBLOGも素晴らしい情報の宝庫です。OSの諸設定に興味がある方は是非。

 オシロでの測定に基づいてきちんと段階を経て検討された直流安定化電源複数台によって駆動されるPCトランスポートは,従来のATX電源のトランスポートとは違った趣のある,大変実のある音といいますか,密度感の高いトランスポートであったように思います。これですと,相当設定を詰めていっても変なことにはならなそうです。

 まだまだアプリやOSの設定には伸び代がたくさんありそうでしたので,あと半年くらいは楽しめるのではないかと思います。
 それにしても,電源と筐体がとても練られていて,私も電源の再検討に入らないいけないな?と改めて実感いたしました。nissyさん,貴重な体験をさせていただき,ありがとうございました。

▼「PCオーディオの音は?」
 さて,「PCオーディオの音は?」とおっしゃる方がいらっしゃいますが,肯定するにせよ否定するにせよ,いったいいくつの作例を聴いて回ったのかと尋ねてみたくなることが。
 PCオーディオの音とはこんな音!とは,作れば作るほどわからなくなる,というのが参加者の共通認識であったように思います(クロックに着目した結果PCオーディオになった,というのも共通しているかも?)。

 PCオーディオは検討項目が無数にある自作のガレージキット(もしくは最近びーぐるさんがはまってらっしゃるお船?)みたいなものなので,いくらやってもおおざっぱなくくり方は出来ません。
 まぁ,そういう実感はパーツを組み替えて比較試聴してみたことがあるから得られるわけで,なんちゃってPCオーディオですと「まぁ,こんなもんかな」で終わってしまうのかもしれませんね。ちょろっと囓る程度ですと,やはりお手軽さにウエイトがいってしまうので,音質的に目覚ましいものがあるとは言い難いです。奇跡は起きません。

 たとえるならば,CDプレーヤーって…とか,トランジスタアンプって…という程度にはおおざっぱなくくり方ではないかと思います。

PCオーディオ3人集いて…」への2件のフィードバック

  1. nissy

    えるえむ様

    このサイトを参考に、コツコツ作って来たPCトラポ、やっと聴いていただく事ができホットしています。どういう方向で作れば音的に有利か、一般的な自作PCの常識が通じない世界で、大変参考になりました。ありがとうございます!
    OSチューンもえらく効果的ですね。あれから少しサービスを削りました。オフ会後、ようやく昨日ウチの試聴プログラムを一通り聴いてみたのですが、結構変わっていました!よりスッキリ感が向上。S/Nが一層良くなり、エコー成分は若干減少気味ですが、その分モヤモヤとした部分が減りより輪郭がハッキリした感じです。女性ボーカルでは、まさかfバランスが影響を受けた訳でもないと思うのですが、低域の雑味が減少したせいか、聴感上はより細身で透明感あり、高域が伸びやかになった印象です。そしてどのソースでも全体的に、アーティストが今そこで演奏しているようなリアリティがすごい!

    返信
  2. えるえむ

    nissyさん,コメントありがとうございます^^
    電源はこちらこそ色々と見習いたいことばかりです。よろしくお願い申し上げます。
    電源に拘られただけのことはあって,興味深かったのはPCのちょっとした設定での変化の度合いが比較的少なめだった点でした。コーヒーさんの調整ポイント,もう少し変化してもおかしくはなかったのですが…。
    スイッチング電源であるからこそ,負荷の微妙な変動に左右されやすいのかも知れませんね。

    nissyさんもがしがしOSを削って,再生専用マシンとして立派に育てていってください^^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">