プロセス優先度の見直し:PID2

closeこの記事は 7 年 7 ヶ月 12 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 前回の続きです。困ったことに,私はプログラム優先のほうが好ましく感じるようです。う?ん。なぜでしょう?

 そもそも,音質評価というのは主観的なものですから,原理的に誤ったアプローチでノイズが多くて不正確になろうが,好ましければ好ましい(笑)わけで,客観的な正確性に乏しい分野である,ともいえます。
 ですから,私の耳が癖のある音を好むというだけの可能性もあり,簡単に「OSの設定は○○がよい」とは結論を出せないでいるところなのですが…。

 しかし,こういう体験をしてしまうと,何かしらを優先度の決定の参考とすることができないものかと考えたくなりますよね…。ただでさえWindowsの挙動は得体が知れないところがあるので,少しでも客観性が欲しいところ(じゃあWindowsやめたら?という突っ込みはなしで;;)。

 そこで,まずはCPU使用時間をみるというのを思いつきました。CPU使用時間というのは,あるプロセスがどのくらいCPUを使ったかを示すものです。
 以前より,私としては,使用時間が多いものほどプロセスの優先度を上げるべき&使用時間が少ないものほどプロセスの優先度を下げるべきではないかと推論しています(拙宅はXP Pro環境ですので,Vistaはわかりません。全く見当外れでしたら是非ご指摘ください)。
 早速これをみてみると,拙宅のマシン環境では,DAWソフトの使用時間がダントツで長く,そのほかのすべてのCPU使用時間を合計しても,全く足元にも及ばないことがわかりました。

 Windows Vistaから搭載されているWASAPIは,このあたりの悩みがかなり少なそうなので,結構いいかもしれませんね。とにもかくにも,拙宅では現在のところプログラム優先で動かしてみています。皆さんも改めて比較視聴されてみてはいかがでしょうか^^

プロセス優先度の見直し:PID2」への4件のフィードバック

  1. 森 孝光

    DTR-179Wの件では大変お世話になり、ありがとうございました。さて、提案の通りプログラム優先に変更してみました。地に足の着いたどっしりと安定感のある音に変わりました。ちなみに、CUBASEエッセンシャル4を使用し、音楽専用PCです。条件により変わるのでしょうが、楽しく聴けるようになりました。御教示ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

    返信
  2. えるえむ

    森 孝光さん,コメントありがとうございます^^
    PCオーディオといえども,実践あるのみということで,やはり実践してみないとわからないことだらけということでしょうか…。
    まぁ,WAV再生の場合には2Trのみであることがほとんどですから,本格的にDAWとして使う場合とは状況が異なるということもありそうです。
    こちらこそ,今後ともよろしくお願いいたします。

    返信
  3. Pourquoi

    コンパネからですとプログラムとバックグラウンドサービスの二択しかありませんが、
    レジストリでの直接指定であれば割り当て時間と比率を各々設定できますので、
    既定値以外の組み合わせを指定することもできます。
    暇と気力のある時にでも試してみてはいかがでしょうか。

    私の場合は再生ではなく書き込み用途ですが、一通り試してみて割り当て時間は短く、
    比率は1:1としたうえでアプリケーションを/highオプションで起動し、割り当て時間は
    増やさずに優先度を上げるという一昔前のWindowsのような設定に落ち着いています。

    返信
  4. えるえむ

    Pourquoiさん,コメントありがとうございます^^
    やはり最後はレジストリを直接いじるしかないですね。
    やはりPCは各人で環境が違いますから,試してみないことには始まらないという思いを改めて強くした次第です。それにしても,総当たりで試されたとは…!試聴の面倒くささが想像できるだけに,頭が上がりません。
    まとまって時間がとれるときに私も比較試聴してみたいとおもいます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">