Pioneerからおもしろいものが…(PDX-Z10)

closeこの記事は 7 年 6 ヶ月 22 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 ご紹介する時期がちょっと遅くなってしまいましたが,iPodからのデジタル入力&DLNAクライアント搭載のレシーバーPDX-Z10がPioneerから発表されています。なかなか興味深い構成ではないかと思います。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090416_125532.html
http://pioneer.jp/components/z10/sound.html

▼性能からみる個性
 個人的には,デザイン的にはスタイリッシュさを押し出している(成功しているかはさておき)にも関わらず,開発コンセプト自体は非常に正攻法できたなぁという印象です。
 SACDが再生できる,iPodのデジタル再生も可能,加えてDLNAによるメディアファイルの再生も可能という「遊べる」仕様であり,加えて,SRC+低ジッタ水晶発振器の組み合わせでジッタ低減を図るというのは非常にマニア受けする発想だと思います(できれば実測値が欲しいですね)。
 また,最近はデジタルアンプが流行していますし(アナログアンプより高性能かはともかく),ポイントを突いてきたな?といった感じです。

▼使い方からみる個性
 DLNA対応といっても,大量のファイルをどのように選曲するのかがこの手の製品の難しいところですね。ある程度のサイズの操作パネルがないと,単体では操作しにくいのではないかとおもいます。いつもアンプを手元に置いておくというわけにもいきませんし…。
 とはいえ,BGM的な使い方をするならばかなりいいですよね。PCのようにディスプレイを持たない場合には,こだわった操作をするというよりはBGM的に流し聞きするような使い方が主流になるかもしれません。こういう製品はむしろ店舗とかで使うほうがよいかもしれませんね。

 そういえば,某所のカフェで真空管アンプでならされている店内BGMシステムがありましたが,アンプがお店の入り口の比較的目立つところにおいてあったので,若い女性のお客さんが結構な頻度で注目して騒いでいる様子でした。
 真空管はデザイン上も個性があってよいですね。維持の手間がかからなければ,女性受けは真空管アンプのほうがいいんじゃないでしょうか。

▼ターゲットからみる個性
 ターゲットとしては,ミニコンポサイズの質感がチープな製品はリビングに置きたくないが,かといって仰々しいオーディオシステムも置きたくはないというライフスタイルの質を重視している層(各生活空間のコンセプトがはっきりと分かれている層)を主眼に置いているような気がします。違いのわかる大人,みたいな(笑)。

 ただ,残念なことにPioneerの説明が相変わらずあまり上手ではないので,販売する側が困るだろうな?といった印象をうけますね。セールスポイントが漠然としているというか…。
 パイオニア精神は行き過ぎると市場を置いてけぼりにしてしまいますから,売れる製品作りには時にマイナス要因だったりするのかもしれませんが,是非広告もがんばっていただきたいです。

 というわけで,拙サイトではPDX-Z10を応援します!まずはお店で試聴してみますね。

Pioneerからおもしろいものが…(PDX-Z10)」への2件のフィードバック

  1. juubee

    そして、PC-Audioはなくなっていく。というのがたどる道筋なんでしょうかねぇ。

    返信
  2. えるえむ

    juubeeさん,コメントありがとうございます^^
    DLNAクライアントが充実してくれば,徐々にPCオーディオは廃れて一部のマニアックな人々の趣味になると思います。今で言えば,オーバークロッカーみたいなものでしょうかw

    DLNAクライアント普及に必須なのは,視覚的に簡単でわかりやすいインターフェースではないかと思います。Windows7がDLNAに標準で対応しますので,あと3年くらいで状況は劇的に変化しているかもしれませんね。

    できたら,高音質なDLNAクライアントが生産されていますように!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">