PCオーディオでお薦めのプレーヤーソフトPlayPcmWin

closeこの記事は 6 年 3 ヶ月 21 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

最近試したWAVデータ再生用プレーヤーソフトのなかで最も好印象だったものをご紹介しておきます。PlayPcmWinというソフトです。

http://code.google.com/p/bitspersampleconv2/wiki/PlayPcmWin

ページの説明が明瞭かつ簡潔なので,一通り読めば特に疑問点はないとおもいますが,一応簡単にご説明しておくと,WASAPIを使ってシンプルにPCMデータを再生するためのソフトです。再生可能なのはWAVフォーマットのみで,AIFFも再生出来ません。

個人的に感心したのは,開発方針が非常に明確で,どのように動作し,何をするのかがはっきりしている点です。ソースコードも全て公開されています。開発日誌的なものはPhilewebコミュニティのyamamoto2002さんのページにありますので,興味がある方はそちらもどうぞ。出力デバイスを設定し「対応フォーマット」ボタンを押すと,どのPCMフォーマットでWASAPI用デバイスドライバが動作するかをチェックしてくれますので,動作報告も是非。

さて,Lynx L22での音質傾向ですが,foobar+WASAPIプラグイン,StealthAudioPlayer(これは実用上も難がある),uLilithあたりと比べる限り,個人的には一番好みの音でした。特に感心したのは音の骨格がしっかりしていて,痩せない点です。
ASIOに比べると全体的にWASAPIは音像の立体感に乏しいのですが,反面密度感といいますか厚みのある音で,ASIOよりWASAPIが好きだという方もいらっしゃると思います。PlayPcmWinはWASAPIの長所が見事に発揮されており,高域の歪み感の少なさ,中域のボリューム感,低域の量感と分解能といった点で非常に優秀なプレーヤーといえるでしょう。

最近は新興勢力の再生用ソフトがいくつもでていて面白いです。バイナリ一致はCDトランスポート/CDプレーヤーの代替をPCに託すのであれば最低限必要なことではありますが,ピュアオーディオ的にはそこから先の細やかな調整が勝負だと思います。こんなことで音がころころ変わるのも変な話ですが(ジッター的な観点ではありうるにせよ),私は調整手段としてありがたく使わせてもらっています。貴重な時間を割いてフリーソフトの開発をされている作者の皆さんには敬意を表したいですね。

PCオーディオでお薦めのプレーヤーソフトPlayPcmWin」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: えるえむ

  2. ピンバック: FUJIYA AVIC フジヤエービック

  3. ピンバック: DJ okamOTO

  4. ピンバック: tach

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">