クロックとPLL

closeこの記事は 8 年 3 ヶ月 14 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 先日クロックケーブルについてのエントリを掲載したところ,ワードシンクについてご質問をいただきましたので,ワードシンクとPLLについて,格好の資料となるページをご紹介します。

http://www.hh.iij4u.or.jp/~tokumi/archive2/sync1.html

 こちらの徳見憲明さんのページは,デジタルオーディオにおけるクロックについて,ワードシンクという観点から記載した記事です。数学的知識がなくとも非常に分かりやすく書かれています。まずはこちらのページを熟読して読み解くことが必要不可欠ではないかとおもいます。何度読んでも分かりやすいです!

 次に,PLLについて理解しておく必要があります。
http://www.hh.iij4u.or.jp/~tokumi/archive2/PLL.html

 またもや登場する徳見憲明さんのページ(笑)。こちらも非常に分かりやすく書かれているとおもいます。PLLのおかげで,デジタルケーブル1本できちんと動作するデジタルオーディオが成り立たっているといっても良いと思います。こちらは前掲のワードシンクの話と比べると若干難しいですが,文章がとても読みやすいのでお勧めです。

 その他,ワードシンクやPLLについての技術的な話を分かりやすく(できれば詳細に)解説しているサイトがありましたら,教えていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title="" ktai=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">