基本をおろそかにしないこと

closeこの記事は 10 年 1 ヶ月と 23 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 オーディオを趣味とされる方の多くは,仕事や学業の上でも基礎をおろそかにしないことの重要性は身にしみておわかりだとおもうのですが,趣味も基礎は大事だということに異論はないとおもいます(どのレベルまでが基礎なのかは問題ですが)。

 音楽再生はパーソナルで趣味的色彩の強いものなわけですが,オーディオ機器はその意匠に趣味性の高いものがあるとはいえど,電化製品であり,電子部品の塊です。従って,何がどのように動いているのかを知っておくことと出てくる音の経験とを架橋できれば,それが主観的な満足感を得るためのものだとしても,より深く音楽再生に関与できるはずです。
 最近,環境の測定に関心を持ってからというもの,音楽再生において,音を変化させる数多くのパラメータ群について,これらに対処する際の優先度をつけるためにも,少なくとも基礎的な事柄については理解しておいた方が良いのではないかと考えています。

 というわけで,まずはSPについて。某氏がBLOGで触れていたサイトです。
http://butterflysound.jp/article/index.html
 今は開店休業状態のようですが,スピーカーの基礎知識について書かれています。おおむね「一般的な」理解に基づいて記述がされているようですが,私は電気関係を専門としてませんので,内容の正確性は担保いたしかねます…。でも,平易な文章でSPについて基礎的な知識が得られるとおもいます。

 こうした基礎的知識だけでSPの全てがわかるわけではないし,必ずしも理論が(非常に主観的である)聴感と一致するわけではないのは当然のことですが,大まかな方向性としては,理論通りのベクトルに向くようにしたいというのが最近の考えです。

基本をおろそかにしないこと」への2件のフィードバック

  1. clef

    基礎から、って事で最近は元素の勉強してます(?)
    なにかモクモクと閃いて来る予感がしますw

    返信
  2. えるえむ

    Clefさん,コメントありがとうございます^^
    アイデアは爆発だー(微妙に違いますが)ですねw
    ひらめきの結果をまた聴かせていただければと思います♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です