個人的に気になる情報

closeこの記事は 10 年 1 ヶ月と 14 日前に投稿されたものです。最近の記事内容との齟齬がある場合,リンク切れが頻発している場合がありますが,ご了承下さい。

 先日行われたDYNAMIC AUDIO H.A.L’s Circle Party 2007での,ハード関係の情報についてもご紹介。

▼Ayre情報
・今年秋にリファレンスプリが出ます。IASでお披露目かな?
・予価250万程度。
・名前はKX-R。
・デザインはMX-Rに親和性のある感じ。
・モジュール方式でハンダ付けをほとんど行わない(ただしFMみたいな事にはならないとのことw)。
・ボリューム調整の仕方が革新的(特許取得するかも?)。

▼X01D2とP05・D05の比較試聴の印象
 すごく端の方での試聴でしたので,話半分にお読みいただきたいですが,総じて得意分野・不得意分野があるようで,一概にどちらが優れているとは言い難かったです。また,両者の相対評価ですので,市販の機器群のなかでどの程度の位置づけなのかは皆さんでご判断いただきたいと思います。
 なお,比較試聴はCDで行いましたので,SACDの比較ではありません。
○X01
 メカの優位性があるためか,低域の解像度・骨格感がある。重心も低い。
 DSDモードとPCMモードでは,PCMモードが圧倒的高評価を得ていた。
○P05/D05(DUAL AES接続)
 セパレートして電源部に余裕があるためか,中高域から上の解像度はこちらが上?
 DSDモードとPCMモードでは,両者の支持が均衡していた。

▼その他…
○B&W Diamond Signatureは予想以上に小さいSP。
○ブルメスターって結構響きがつく感じがします。
○リンデマンのSACDPは結構好みでした。端正で良い音ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です